ブルカー ジャパン。 Bruker

会社案内

ブルカー ジャパン

」と語っています。 JP bruker. 東京工業大学の高分子物理学教授の中島健博士は次のように述べています。 沿革 [ ]• AFM-nDMAは、独自のアルゴリズムによって実現され、レオロジー周波数で直接動作し、予圧と接着力を定量化し、絶対較正を行います。 当製品の大型タッチスクリーン上に現れるアイコンをタッチするだけで、 好適なワークフローに沿った操作を確実に進めることが可能です。 これにより、性能をまったく損なわずにこれまで以上の機能を活用できます。 HFRR モジュールは、絶対値としてだけでなく、往復ストロークに沿って発現する微小な変化を識別可能な高精度の摩擦データを提供します。

次の

ブルカー

ブルカー ジャパン

その結果、AFM-nDMAは、活性エネルギーの分析を含む貯蔵弾性率、損失弾性率、および損失正接の全マスター曲線を生成し、ナノスケールでポリマーレオロジーを提供することによってAFMの有効性を大幅に拡大します。 」 【Dimension XR SPMについて】 BrukerのDimension XRシステムは、IconまたはFastScan AFMプラットフォーム のいずれも利用でき、画期的なナノメカニクス、ナノエレクトリックおよびナノケミカル研究のために、すぐに使用できる特性を提供する3つのシステムを用意しています。 また、ワークフローベースのソフトウェア制御と使い勝手の良いPeakForce Tapping技術との組み合わせは、AFMが近年のライフサイエンス研究で標準ツールになるのを後押しするとともに、JPKが生物学研究をけん引するためAFM技術を提供し続けるブルカーの一員であることを証明します。 Rossiは次のように述べています。 その製品群の最新世代として今回、 TriboLab CMPを紹介できることを嬉しく思います。 。 原文は下記をご参照下さい。

次の

【技術資料】ブルカーハンドヘルドラマンBRAVO

ブルカー ジャパン

業界は、様々な材料の研磨中に起こるプロセスや消耗材の相互作用を効果的に評価できる手法を求めていました。 価格改定の実施時期 2019年1月1日以降ご注文分より 【お問合せ先】 ブルカージャパン株式会社 ナノ表面計測事業部 東京都中央区新川1-4-1 TEL:03-3523-6361 Mail: Probesinfo. TriboLab CMPは、研磨プロセスをより深く理解する目的で「実態分析機能」を標準搭載し、過渡的な研磨特性を徹底的に見える化。 AEセンサーによる材料の破壊検出やECRセンサーによる摺動中の通電状態など測定が可能• 赤外・近赤外・ラマンスペクトロスコピー• BNS. 」 【UMT TriboLab HFRR モジュールについて】 2000 年に最初のモデルが登場して以来、UMT は市場で最も汎用性が高く、広く使用されているトライボメーターです。 」 ブルカーのTribology, Stylus and Optical Metrology ビジネスユニットのVice President 兼General Manager のJames Earle 氏は、次のように述べています。 自動車分野に特化した様々なアプリケーションにも対応。 平素は弊社製品をご愛顧を頂き 厚くお礼申し上げます。 新しいワークフローベースのソフトウェアGUIが、使い勝手の良いAFMの操作に、新たな幕を開きました。

次の

【技術資料】ブルカーハンドヘルドラマンBRAVO

ブルカー ジャパン

大型自動原子間力顕微鏡【DAFP,3DAFM】• 」 BrukerのAFM事業担当副社長兼ゼネラルマネージャであるDavid V. ウェハ基板がパッドに触れた瞬間から試験完了までのデータが取得されるため、その詳細なデータを通じて、初期段階でのプロセス開発の決定を可能にします。 常に研究開発に携わる方々に寄り添い、分子生命科学の研究や、製薬分野、顕微鏡・ナノ解析、工業用途、さらには細胞生物学、前臨床イメージング、臨床フェノミクスやプロテオミクス研究、臨床微生物学における変革や生産性の改善に貢献するため、今度も皆様に安心してお使いいただけるような体制を整え、分析・計測機器とサポートサービスをワールドワイドにて提供してまいります。 1997年 - のX線分析部門を買収• 本製品は、最先端のバイオイメージング機能を持ち最速・最高分解能を兼ね備えたAFMです。 詳細については: 詳細については : トライボロジー評価装置を持参し、ワークショップを名古屋にて開催します。 前臨床用イメージング 脚注 [ ]. さて このたび ブルカー・バイオスピン株式会社、ブルカー・ダルトニクス株式会社、ブルカー・オプティクス株式会社並びにブルカー・エイエックスエス株式会社の4社は平成30年1月1日をもって経営統合(合併)することになりましたのでお知らせ申し上げます。

次の

ブルカー

ブルカー ジャパン

jp 2018年12月21日 Bruker、スキャニング・プローブ顕微鏡の新しい「Dimension XRファミリー」を新発表 ナノスケール定量化を可能としたAFM技術の革新 米国ブルカーカリフォルニア州サンタバーバラ - 2018年11月28日 - Brukerは本日、スキャニングプローブ顕微鏡(SPM)のファミリを発表しました。 BNS. 連絡先一覧 日本国内には現在2つの拠点があり、そこを中心とした営業、サービス、アプリケーションサポート活動を展開しています。 弊社プローブをご愛顧頂いております皆様には、諸事情ご高察の上、今後とも何卒弊社製品をご愛顧賜りますよう 御願い申し上げます。 SPM組み込み型ナノインデンター【TriboScope】 New! CMPプロセスで用いるパッド・スラリーなどの消耗材評価に対し、幅広い研磨圧力 、 ( 0. を買収。 これらの特徴はさらに、市場にある極めて広範なアクセサリーによって補強されることで、ユーザーは、大部分のアプリケーションおよび多様な実験での適用が可能です 【JPK BioAFMビジネスについて】 2018年7月にJPKがブルカーの傘下となり、ブルカーのワールドワイドな事業基盤と計測機器の開発・サポート体制に、生細胞イメージング、細胞力学、細胞接着、分子間力計測、光トラップ、細胞刺激応答などライフサイエンス分野における最先端の技術が加わりました。 1976年にはを開発した。

次の

ブルカー

ブルカー ジャパン

原文は下記をご参照下さい。 () コンパクトボディに日常の赤外スペクトル分析に求められる機能の ほとんどを搭載した、これまでにない分析ツールです。 TriboLab CMPは、 CMPプロセスの評価のために、広範な研磨圧力と速度領域、 AEデータ、摩擦、表面温度といった重要な計測結果を提供できる、市場で唯一の装置です」と述べています。 1台のプラットフォームで45種類を超えるASTM規格に対応したトライボロジー試験が可能 ボール・ピンオンディスク、スラスト試験(リング・ディスクオンディスク)、往復試験、ブロックオンリン グ、スクラッチ試験、シェル式四球試験、腐食摩耗試験など• 毎秒10フレームというAFM走査速度、正真正銘の原子レベル分解能、さらに先進的なライフサイエンス研究に適した機能を備えたJPK NanoWizard ULTRA Speed 2は、先駆的な顕微鏡観察に必要な技術水準を提供いたします。 Dimension XR Nanomechanics:AFM-nDMA、PeakForce QNM、FASTForce Volume、FASTForce Volume CRモードを組み合わせ、ナノメカニカル特性の材料を迅速かつ定量的に特性評価します。 『BRAVO』は、各種原材料の確認・判別試験をシンプルな操作で行える、 ハンドヘルド分光計です。 ブルカージャパン株式会社 ナノ表面計測事業部はこれからも大学・官公庁から企業製造工場まで最先端技術を必要とする研究開発・品質管理に幅広いソリューションを提供し、今後の豊かな社会に不可欠なナノテクノロジーの発展に深く貢献してまいります。

次の

会社案内

ブルカー ジャパン

ソフトに搭載されたユーザーガイダンスとユーザー管理モジュールは、研究者がAFM操作に煩わされることなく実験だけに専念できるようにし、JPK NanoWizard ULTRA Speed2が、マルチユーザー環境やマルチイメージング機能に完全に対応できるようにします。 また、2011 年10 月には米国CETR 社からトライボロジーテスターの試験機事業の買収、昨年1 月の米国Hysitron 社の買収により幅広いナノ分析装置トータルソリューションの販売・サポートを続けております。 jp 2018年12月7日 AFMプローブ価格改定のお知らせ 拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 05~ 50psi)及び、回転速度( 1~ 500rpm)、摩擦係数計測、 AE信号(アコースティック・エミッション)、サンプル温度計測などを提供できる市場で唯一のツールです。 新システムはまた、高速・高性能の制御電子回路Vortis 2を搭載。 「UMT TriboLab の高速振動試験は、エンジンやコンプレッサーなどの往復摺動部に使用される材料や潤滑油を評価するために、正確で一貫した技術として開発されました。

次の

【技術資料】ブルカーハンドヘルドラマンBRAVO

ブルカー ジャパン

Robert Rhoades氏は、「 CMPは先進的な半導体デバイス製造で従来以上に重要性が増しています。 Franzen Analysentechnikを買収• また、新しいHFRR モジュールは、実績のある業界標準の試験方法との高い相関性とともに、柔軟性の高いデータ分析を提供できる市場で唯一のツールです。 」 Dow Chemical Core R&DフェローのGreg Meyers博士は述べています。 2008年 - 再編された 主な製品 [ ]• 質量分析• 「我々は、最高品質のデータを維持しながら、お客様の開発コストを削減するために設計されたターンキートライボロジーソリューションをマーケットに提供することをコミットしています。 1965年に独立した3チャンネルを備える全半導体式の最初の高分解能核磁気共鳴分光計であるHFX 90を発売した。

次の