ターニャ フォン デグレチャフ。 ターニャ・デグレチャフ

ターニャ・デグレチャフ

ターニャ フォン デグレチャフ

これにより『出世して安全な後方での勤務』を望むターニャの意思に反し、は過酷な前線にばかり送り出されることとなる。 試飲した人の感想によれば「濃い麦茶」「漢方薬みたい」であり何よりカフェインがないため、不味くはないが嗜好品としてはイマイチだった模様。 統一1年生まれ。 前世での生活に特に不満を持っていた訳でもなく、求めてもいないのに無理矢理転生させられた身の上を心の中で嘆いており、元凶たる存在Xを蛇蝎の如く憎んでいる。 しかし士官学校の実地訓練として北方の国境部隊に派遣された直後、協商連合(現実世界のノルウェーとスウェーデン)の大規模な越境行動により国境紛争が勃発。

次の

【幼女戦記】ターニャ・デグレチャフの怖すぎる悪魔的表情、企み顔、焦り顔画像まとめ

ターニャ フォン デグレチャフ

転生先の祖国が戦争不可避な国際情勢であり、魔導師適性があるせいで将来的に確実に徴兵がくる身の上だったので、それならば自分から志願してキャリアを積み、最終的に後方勤務のできる官僚を目指した方が建設的と判断した彼女は、士官学校へ志願する。 ノルデンで官として警備に着任した直後、協商連合の大規模な越行動により紛争が発生。 このページは 人名(人物)のです。 また、の 「戦域機動における」は部から絶賛を受けている。 そのため、本人はあくまで自らの立身出世と保身のために「後方での軍務に繋がりそうな、軍人として上官に評価されるような」行動を心がけているに過ぎないのだが、前世のの思考と軍人の思考の差異に加え、これまた複雑な事情が噛み合って、周りからは『理想的な軍人像を体現し、いなく最前線に身をせる稀有な存在』だとか、『合理的かつにとらわれず、あらゆる手段でもって的を達成する生の屋』だとか、『のを前にし、いかなるや利も通用しない狂信的者たるの信仰者』などといった方向性で捉えられている。 ある種の勘違い系主人公と言える 特に漫画版などの演出では勘違いの描写が強調されている。

次の

【幼女戦記】ターニャ・デグレチャフの怖すぎる悪魔的表情、企み顔、焦り顔画像まとめ

ターニャ フォン デグレチャフ

前世のとしてのを強く引き継いでおり、外見相応の「」としての行動を強いられるでは多大なを受けていることが伺える。 - 小惑星帯に位置する小惑星。 他作品への出演 の者である、氏がを執筆した戦略『』にて、として登場。 モットーは、「過不足なく、与えられた給金に見合う仕事をこなすこと」。 人事課において非常に素晴らしい働きぶりを見せていたが、リストラの対象になった社員に逆恨みされ駅のホームから突き落される。

次の

ターニャ・デグレチャフ

ターニャ フォン デグレチャフ

気が付けば神を自称する存在Xに謁見、神を神とも思わぬ不遜な態度が存在Xの不興を買い、前世の記憶を持った状態で戦争中のヨーロッパに似た異世界に孤児の幼女として転生させられた。 物語序盤の来歴 孤児院の診断で素質を認められ、士官に「他にはない」と、弱冠8歳で(なお、資質の程度については各で差がある)。 勇者達とは別の方法で転生させられた前世持ちの少女。 部下は具とみなして使えると判断すればり権限を与えするが、であればなくに出来る合理義者。 なお、学制上下位に当たる幼年学校には制限がある。 そして如何様にすれば現代人の信仰心を覚せられるか、という難題に対するとして、その全く 逆のへ 「 非的なで、女に生まれ、を知り、追いつめられるがよい!!! 特に抗命行為を嫌っており、命を遵守出来ない者をとして扱い排除する。

次の

ターニャ

ターニャ フォン デグレチャフ

- の娘。 - 執行部の代表。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えてください。 自のによって累積される「死者の魂」を消費し発動する「禁呪」により召喚することが出来、以後自軍としてその辣腕を振るう。 ()としてみても、の(の「」記事参照)の大半をし、そもそも媒体だと外見の描写が入ると「 あ、この人だったね」とがたまにすでしていない。 ちなみに、版では部下のが戦勝記念を開く為に、とあるを部隊で貸し切ったのだが、その店はだった為にターニャだけが外につまみ出された事があった。 生きて絶対に …絶対に…」 「 終わらせる!!!」 ターニャ・デグレチャフの悪魔的表情画像まとめ【幼女戦記10話】 ターニャ・デグレチャフの悪魔的表情画像まとめ【幼女戦記11話】 「 トレッチガン!?条約違反だぞ野蛮人め!」 デグレチャフがヴァイスを救うシーン ぉ デグレチャフ VS アンソン 「 存在X…また貴様かぁぁぁ」 「 離せーーーー」 お手出し無用に願います 「 お手出し無用に願います」 「 我々は戦争を終わらせる機会を逃したんだぞ…」 ターニャ・デグレチャフの悪魔的表情セリフまとめ【幼女戦記12話】 「 この世を司る神がいるとすれば、 どこまでも厳格で限りなく善良、」 「 あまりにも偉大な存在であろう。

次の

ターニャ・デグレチャフ

ターニャ フォン デグレチャフ

口数もあまり多くないためか、この誤解を更に加速させているが、本人はそれを全く気が付いていない(さらに戦意の低い無能と思われないための積極的な態度や言動が、後方勤務ではなく前線を望んでいるとさらに誤解させている)。 - とある事情のせいで妙に人間不信がヒドい擦れた奈々子役。 (・さんだって、疲れているからね。 八 i. 」 「 そこでだ 私は今ここに、改めて宣言する。 味方からは「白銀」として敬われ、敵からはネームド「ラインの悪魔」として恐れられる 軍人。 その獅子奮の活躍ぶりからで「 」のを下賜され、後にその戦いぶりの苛さから血に塗れた「 錆」と揶揄されるようになる。

次の

ターニャ・デグレチャフ

ターニャ フォン デグレチャフ

結婚に血眼になる他の女生徒達を尻目に、平穏を手に入れるべく奮闘する。 前世が現代ということもあり、この時代の「」のにしては舌が肥えている。 はくらいと年齢相応のの軍官。 。 漫画家・野上武志は幼女戦記を「新城直衛が幼女になって空飛んできた」と評した。 たまにやらかす。 - レニングラード包囲戦の渦中において『日記』を残した少女。

次の