ロトム 育成。 ロトム(基本)の育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】ヒートロトムの育成論と対策

ロトム 育成

後出しは危険 チョッキ型は、素早さの低さがネック。 素早さ188振りでダイジェット後に最速 ドラパルト抜きとなるのでおすすめ。 ダブルバトルの使用率2. コメント 16 みんなの評価 :• 威力はどちらも同じですが、シャドーボールはノーマルにダメージが通らず、あくのはどうはフェアリーに半減されてしまいます。 はじめに2. *終わりに 乱文失礼致しました。 「イカサマ」 あく技 威力95 命中100 相手の攻撃力数値でダメージ計算する。 ページ:• コメント 10 みんなの評価 :• ヒートロトムの強みとして色々ありますがやはり 「火傷・麻痺状態にならない」というのが大きいです。

次の

【ポケモン剣盾】ヒートロトムの育成論と対策

ロトム 育成

かたやぶりで突破も有効 火ロトムの耐久力は特性「ふゆう」によるところが大きい。 特にサザンドラがオススメで、ヒートロトム、カットロトム、ウォッシュロトム、どのロトムに対しても強く出ることができます。 「おにび」 相手をやけど状態にする 命中90 物理ポケモン機能停止+スリップダメージ パーティコンセプトにより採用。 対面操作技としてとても優秀。 ダイサンダーの威力は10万ボルトと同じ 「ボルトチェンジ」 威力70 命中100 攻撃を当てると手持ちに戻る。

次の

【ポケモン剣盾】ウォッシュロトムの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ロトム 育成

その強化点を2個程上げて説明させて頂きます。 物理のノーマル、格闘、地面、飛行、虫、鋼と幅広い範囲に役割を持つことができ、 得意相手には環境で使用率の高い物理ATも多く、比較的刺さりやすい。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 素早さ調整(実数値はこだわりスカーフ加味での計算) 無補正 S220振り 201 :最速130族抜き。 カゴの実やラムの実を組み合わせることで、1ターンで全回復してねむりから覚めることができる。 水ロトムの弱点を突くことは難しいため、数値の高さで勝負します。 対策方法 唯一の弱点であるタイプに対しては、有効打がない。

次の

ウォッシュロトムの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

ロトム 育成

ドラゴンタイプで相手をする• 火力がないので、すべて受け切られて詰みます。 威力は高いが命中不安。 努力値はHP252素早さ4特攻236防御4特防12でテンプレですがこれが一番負担をかけられると思います。 命中が少し不安だが、物理アタッカーを機能停止できる。 あくのはどう ひるみの追加が強い。

次の

ウォッシュロトムの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ロトム 育成

不利対面ではボルトチェンジで撤退して、少しずつ負担をかけよう。 投稿者:ぬ• 交代しても効果は続く。 連発は効かない。 自分が一番おススメするロトムの型はズバリ 「物理受け型」ですね! やはりオボンの実を持って鬼火を撒いていくというロトムが一番使いやすいと思います。 イカサマ 相手のAを使って攻撃する便利な技。 コメント 9 みんなの評価 :• ボルトチェンジで逃げることでもある程度対処はできるが、でんじはやおにび、イカサマで相手の積み行動を妨害するのも有効。

次の

【ダブル】ウォッシュロトムの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ロトム 育成

味方の特殊耐久を強化。 2、 対戦環境でのドラゴンタイプの増加による相対的な強 化。 はじめに1. ボルトチェンジ 電 70 105 100 自分交代 タイプ一致技。 スピンロトム育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 スピンロトムは第4世代から登場しているポケモンだ。 【汎用性が高い】耐久型水ロトム• ただし流行中のかたやぶりドリュウズには、A特化の場合H252でも確1を取られてしまう。 新しく取得した積み技、持ち物でしか火力を上げれなかったロトムはもう過去の話です。

次の