高橋 ヨシキ シネマ。 高橋ヨシキ

高橋ヨシキのシネマストリップ

高橋 ヨシキ シネマ

デザイナーとして『』『BOX』『ヤコペッティBOX』などのDVDジャケットや、日本のであるに所属するのCDのジャケットなどを手がける。 2019年3月まで. 今回のラインナップは、『』『』『』『』『』という1970年代、1980年代を代表するホラー作の金字塔5本。 まったく話についていけなくても、何かに夢中になることの「楽しさ」がすごく伝わってくるという。 僕が関わった13年間、実売数がずっと変わらず、休刊前の1年間は粗利が右肩上がり。 (*2)『プライベート・ライアン』(1998年、アメリカ、スティーブン・スピルバーグ監督)... 60 ID:1ST77BWHd. あまりの情報量にね。 53 ID:xqtnPYe90. 著書に『新悪魔が憐れむ歌』『スター・ウォーズ 禁断の真実(ダークサイド)』(ともに洋泉社)、『暗黒ディズニー入門』(コア新書)など。 (*2)『プライベート・ライアン』(1998年、アメリカ、スティーブン・スピルバーグ監督)... 「キル・ビルVOL. 日本でもヒットし、ポン・ジュノ監督の名前は一躍有名に (*8)「マーベル・シネマティック・ユニバース」... ラジオ [ ] 現在 [ ]• (*10)『食人族』(1983年、イタリア、ルッジェロ・デオダート監督)... 戦時下の広島・呉を生きる人々を描いた同名マンガの映画化。

次の

高橋ヨシキ

高橋 ヨシキ シネマ

高橋 地上波のテレビで洋画がバンバン見られた時代も過去のものになり、映画に「偶然」出会うチャンスは明らかに減りました。 技術的にすごいブレイクスルー (高橋ヨシキ)あれは技術的にすごいブレイクスルーだと思いますね。 核戦争後の荒廃した世界を舞台にしたアクション映画。 (*10)『食人族』(1983年、イタリア、ルッジェロ・デオダート監督)... 00 点 販売店名: 本とゲームのドラマYahoo! 2003年の映画『』の公開前に「ビルを殺れ!! 深夜ラジオの感覚に近いものがある。 2018年8月11日閲覧。 。 大仏廻国公式サイト. (宇多丸)コミックの映像の置き換えっていうのに関してすごい、こんな正解の出し方があるのかっていうね。

次の

高橋ヨシキ おすすめランキング (36作品)

高橋 ヨシキ シネマ

竹内力、哀川翔W主演のコテコテのVシネマ...... これはディズニーの実写映画に特に顕著で、たとえばディズニー映画は当時のスタンダードから考えても明らかにマット・アート(実際には存在しない風景を、きわめて写実的に描いた絵を合成して実現する方法)の使用率が尋常でなく高い。 高校時代、ホラー映画雑誌VZONE(Vゾーン)のアルバイト としてキャリアをスタート。 ヘンテコな映画のホームページをやっていたら、編集部から声をかけてもらって。 73 ID:GRw9jDAld. 今回は特別版として、復刊号が発売2日で重版となった日本で最も熱い映画雑誌『映画秘宝』の編集長・岩田和明氏と、同誌のアートディレクターでもある高橋ヨシキ氏の対談をお届けする。 『ダンボ』の次に映画館で観た映画は『メリー・ポピンズ』(65年)で、これも1974年の暮れのリバイバル公開に連れて行ってもらいました。 そこから別の記事へ読者の興味のコンボが起きるように意識しています。 獲得にはTポイント、PayPayボーナス(譲渡不可)、PayPayボーナスライト(譲渡不可・期間制限あり)のいずれかが含まれます。

次の

高橋ヨシキ

高橋 ヨシキ シネマ

で、実際にそうだと思います。 これまでシーズン10まで制作されている大人気シリーズ 高橋 長年にわたって 『食人族』 (*10)の話をしていたけど、まさか『グリーン・インフェルノ』(13年)が登場するとは思わなかったしね。 だからこそ「秘宝」や週プレでの連載などを通して、「映画ってほんとに面白いんだぞ!」と伝え続けたいですね。 シリーズ累計の興行収入は堂々の世界歴代1位。 マーベルのスーパーヒーロー実写映画を、ひとつの世界観でクロスオーバーさせるプロジェクト。 外部リンク [ ]• 『異界ドキュメント 白昼の囚』竹書房 竹書房恐怖文庫 、2013年12月。 節操がないから、いろんな「入り口」がそこにはある。

次の

高橋ヨシキのシネマストリップ 戦慄のディストピア編/高橋ヨシキ/NHKラジオ第1「すっぴん!」制作班 bookfan PayPayモール店

高橋 ヨシキ シネマ

逆にピンチこそチャンスじゃないかと。 俳優たちにとっては、まさに悪魔的な演出方法で本作の撮影現場を統制していたフリードキン監督。 978-4905158646。 一族郎党を皆殺しにされた元殺し屋女による復讐劇。 「業の肯定」という意味では落語的な雑誌だと思います。 版元の双葉社で編集歴30年の局長も「初体験だ!」と驚いてました。 「書き手の『業を肯定』する落語的な映画雑誌です」と語る岩田和明編集長(右)と「ゾンビと食人族とがあるから、『秘宝』は大丈夫!」と語る高橋ヨシキ氏 日本有数の映画ガイド・高橋ヨシキが、"地獄でも見たい新作映画"をレビューする『週刊プレイボーイ』の連載『高橋ヨシキのニュー・シネマ・インフェルノ』。

次の

高橋ヨシキ

高橋 ヨシキ シネマ

また、からは『映画秘宝』内の<雑誌内雑誌>「DEVIL PRESS」を編集・執筆。 あらゆる生き物を食い尽くし、人間をゾンビ化させる生ける屍「ウォーカー」から逃れアメリカを旅する人々を描いた。 12年より編集長。 舞台スタッフ、出版社勤務などを経て06年より『映画秘宝』編集部に所属。 乾杯の際には映画『』の女性のでん部へダーツを投げるシーンが必ず流される。 たぶん、「語り口の平明さ」について、かなり注意を払っていらっしゃると思います。

次の