バックス 対 ペリカンズ。 今季第61戦 対ペリカンズ: キャットのロケッツ通信

NBA再開シーズンの“開幕戦”はジャズ対ペリカンズ グリズリーズの初戦はTブレイザーズ(スポニチアネックス)

バックス 対 ペリカンズ

クリスマスデー(12月25日/日本時間26日) NBAは12月25日のクリスマスに5試合を行なう。 第20週: トロント・ラプターズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズ(3月5日 木曜日 午後10時30分/同6日 金曜日 午後12時30分) - ラプターズとウォリアーズがNBAファイナル2019以来初めて対戦。 ラプターズは218-19シーズンの優勝リングと優勝バナー掲揚を行なう予定だ。 八村塁(22)が所属する東地区全体9位のウィザーズは西地区全体13位のサンズと対戦。 2人は昨季1試合平均8アシスト以上を記録した4選手のうちの2人。 ニコラ・ブーチェビッチを中心に屈強なフロントラインを持つ天敵相手に今季は0勝4敗と全敗しているからだ。 メンフィス・グリズリーズ:32勝33敗(勝率49. 」 シンキ「分かりました。

次の

NBA再開シーズンの“開幕戦”はジャズ対ペリカンズ グリズリーズの初戦はTブレイザーズ(2020年6月27日)|BIGLOBEニュース

バックス 対 ペリカンズ

今季の王者誕生は10月に入ってからとなる。 トロント・ラプターズ対フィラデルフィア・76ers - 8月12日(日本時間13日) 76ersにとって、このラプターズ戦がシーディングゲームで唯一リーグのトップ8(各カンファレンスの上位4チーム)と対戦する機会になる。 76ersは、ロスターの顔ぶれを見ると優勝候補と言えるのだが、安定感のなさによりファーストラウンドで敗退する可能性もあるチームだ。 ケガが多いとはいえ、若きエースのデイビスがまだ伸びそうだし、ロケッツとって侮れないチームだと思うよ。 今季の王者誕生は10月に入ってからとなる。 ホームなのでこの勝利は良かったと思います。

次の

ジャズのレジェンド指揮官の容態悪化にカール・マローンは「祈ってほしい」

バックス 対 ペリカンズ

この数字を見てもわかるように、76ersは不可解で不気味な存在だ。 3月11日以来のシーズンは30日午後6時半開始のジャズ対ペリカンズ戦でスタートし、続いて西地区全体で首位に立っているレイカーズが同2位のクリッパーズと顔を合わせる。 負けすぎと言えば負けすぎだろうが、現状のチーム力を考えると仕方ないかな。 イースト首位のバックス(0勝4敗)、2位のラプターズにも勝てていないが、ここでラプターズに一矢報いて第7シードでプレーオフを迎える、というのが理想のシナリオだろう。 。 NBA on ESPN ESPNは水曜日のダブルヘッダーを21回、金曜日のダブルヘッダーを15回中継する。

次の

プレシーズンゲーム第3戦 対ペリカンズ(上海): キャットのロケッツ通信

バックス 対 ペリカンズ

全米中継のダブルヘッダー(2試合連続中継)の試合開始時間が早まる。 6得点をマークした。 ニューオーリンズ・ペリカンズ対トロント・ラプターズ(午後8時/同午前9時): NBA王者ラプターズがドラフト全体1位指名のザイオン・ウィリアムソンを擁するペリカンズと開幕日に対戦。 その後は東西両地区上位8チームのプレーオフに突入。 」 キャット「第2Qに入っても依然としてスリーが決まらないロケッツを尻目に、ペリカンズはツーメンゲームからアンダーソンのダンクが決まるなどして6点のリードを奪う(28-34) ロケッツは中盤前になっても、今度はターンオーバーを連発してしまい、速攻を食らうなどして流れに乗れず、相変わらずスリーも決められない状態が続いたよ(32-41 しかしタイムアウト後、残り6分切ってようやくハーデンがスリーを決めると、カペラがブロックを決めるなど、ディフェンスから活路を見いだして追い上げを開始。 ビバリーは遠征に帯同せず。

次の

NBA 2019

バックス 対 ペリカンズ

1パーセント) 8月2日:対ナゲッツ(0勝1敗) 8月4日:対ラプターズ(2勝0敗) 8月5日:対セルティックス(0勝2敗) 8月7日:対バックス(2勝0敗) 8月9日:対サンズ(1勝0敗) 8月11日:対ペイサーズ(2勝0敗) 8月13日:対サンダー(1勝0敗) 8月15日:対ペイサーズ(2勝0敗) ホーム戦績で27勝5敗という好成績を誇るヒート。 5ゲーム差で追いかけるキングスにとって、比較的有利なスケジュールと言えるかもしれない。 ロサンゼルス・レイカーズ対ボストン・セルティックス(午後7時30分/同午前9時30分): 昨季の両チームの対戦では、ラジョン・ロンドがブザービーターを沈めてレイカーズが129-128でセルティックスを下している。 昨季は米国東部時間午後8時と10時30分に試合開始だったが、今季はTNTで中継する31回のダブルヘッダーのうち12回、ESPNで中継する36回のうち22回が午後7時30分と10時もしくは午後7時と9時30分に試合開始となる。 ユタ・ジャズ対ロサンゼルス・レイカーズ(午後10時30分/同午前11時30分): 2年連続で最優秀守備選手賞を受賞したルディ・ゴベアとジャズは、過去3シーズンで毎年48勝以上を記録した5チームのうちのひとつ。 ロサンゼルス・クリッパーズ対ロサンゼルス・レイカーズ(午後8時/同午前10時): レイカーズはNBA記録となる23勝をクリスマスに記録している。

次の

プレシーズンゲーム第3戦 対ペリカンズ(上海): キャットのロケッツ通信

バックス 対 ペリカンズ

9パーセント) 8月1日:対マジック(0勝2敗) 8月3日:対ウィザーズ(0勝2敗) 8月5日:対バックス(0勝1敗) 8月6日:対セルティックス(2勝1敗) 8月8日:対キングス(1勝0敗) 8月10日:対クリッパーズ(対戦なし) 8月12日:対マジック(0勝2敗) 8月14日:対ブレイザーズ(1勝0敗) ケビン・デュラント、カイリー・アービングを欠くネッツは、ガードのタイラー・ジョンソンをロースターに加えた。 ケリー・ウーブレイJr. ナゲッツとセルティックスを除く6チームにシーズン戦績で勝ち越しているものの、この8試合はホームで戦うわけではないため、どれだけ早くリズムをつかめるかがカギになりそう。 「オーランド・バブル」と呼ばれる再開シーズンは3日目までに全22チームが少なくとも1試合を行い、計88試合の「シーディング・ゲーム」は8月14日まで行われる。 — Kia NBA Tip-Off 2019 2019-20シーズンの最初の5日間(米国時間10月22~26日、日本時間23~27日)に16の異なるチームによる11の試合がTNT、ESPN、NBA TVで『Kia NBA Tip-Off 2019』として全米中継される。 八村塁(22)が所属する東地区全体9位のウィザーズは西地区全体13位のサンズと対戦。

次の

ジャズのレジェンド指揮官の容態悪化にカール・マローンは「祈ってほしい」

バックス 対 ペリカンズ

エバンスとポンデクスターはヒザの故障で今季復帰予定なしで、元ロケッツのアシックも足首のケガで今日は欠場となった。 2014-15シーズンの平均19. 0パーセント) 8月2日:対シクサーズ(2勝1敗) 8月4日:対ウィザーズ(1勝0敗) 8月5日:対マジック(2勝0敗) 8月7日:対サンズ(1勝0敗) 8月9日:対レイカーズ(1勝0敗) 8月11日:対ヒート(0勝2敗) 8月13日:対ロケッツ(0勝1敗) 8月15日:対ヒート(0勝2敗) 同じ勝率で並ぶシクサーズと初戦で対決。 しかしアンダーソンのフリースローで再び1点のビハインドにされてしまうんだが、ここまで不調だったビバリーがスリーを決める勝負強さを見せて、またまたロケッツは逆転に成功したよ 97-95 終盤に決め手を欠いたペリカンズに、抵抗する力は残されておらず、結局5点差でロケッツが勝利。 2パーセント) 8月1日:対ネッツ(2勝0敗) 8月3日:対キングス(1勝0敗) 8月5日:対ペイサーズ(0勝2敗) 8月6日:対ラプターズ(0勝3敗) 8月8日:対シクサーズ(2勝0敗) 8月10日:対セルティックス(0勝2敗) 8月12日:対ネッツ(2勝0敗) 8月14日:対ペリカンズ(1勝0敗) 7位のネッツとは0. 2月2日(第15週)午後2時のペリカンズ対ロケッツから4月5日(第24週)のバックス対セルティックス(午後3時30分)等の試合を予定している。 ニューオーリンズ・ペリカンズ:28勝36敗(勝率43. ウェストブルックにとってはロケッツでの公式戦デビュー戦。 これで連敗脱出して、勝率5割復帰まであと1ゲームですね。

次の

NBA再開シーズンの“開幕戦”はジャズ対ペリカンズ グリズリーズの初戦はTブレイザーズ(2020年6月27日)|BIGLOBEニュース

バックス 対 ペリカンズ

いずれにしても、カワイ・レナード、レブロン・ジェームズらエキサイティングなスター選手たちの激突が注目される。 マイアミ・ヒート対デンバー・ナゲッツ - 8月1日(日本時間8月2日) 各カンファレンスの順位争いに絡んでいる両チームの試合日程はタフだ。 両チームにとって再開後初の試合となるだけに、スーパースターらの試合勘がどこまで戻っているのか、普段ならプレイオフさながらの対戦が無観客開催という状況でどう変わるのか、そして選手たちの反応も気になるところだ。 自分なら、そっちを選ぶ」。 ミルウォーキー・バックス対フィラデルフィア・76ers(午後2時30分/同午前4時30分): 76ersがクリスマスにホームゲームを行なうのは1988年以来のこと。

次の