チェット ベイカー 映画。 チェット・ベイカーの伝記映画『Born to Be Blue』日本公開が決定!天才の光と影を描く傑作音楽映画 主演はイーサン・ホーク!

7つのキーワードから紐解く「マイルス・デイヴィス&チェット・ベイカー」 ~映画をより深く楽しむために

チェット ベイカー 映画

最終的にはデイジー・ガレスピーが折れ、バードランドに話をつけてくれることとなります。 Chet Baker Sings It Could Happen to You 1958年• 本映画『ブルーに生まれついて』はチェット・ベイカーの転落後からの人生を描きます。 この間のチェット・ベイカーの苦しみ、悲しみ、孤独、努力は大変なものだっただろう。 「退廃的」という言葉が、人間にも使えるなんて知らなかったな… だれもが自分の人生をよりよくするために駆けずり回っているはずで、「退廃的」とは真逆のベクトルを生きているもの。 生き別れたとか捨てられたとか、そういうわけじゃなかったんかい… そもそも、ベーの女遍歴はいかに? こちらのサイト、一見すると目次が多く見えますが、一言年表のような形式になっているので、サクッと彼の略歴を追いかけることができます。 収録曲の「Like Someone in Love」は私の一押しの楽曲です。 ロレンツ・ハート(作詞)とリチャード・ロジャース(作曲)のコンビが1937年上演のミュージカル「ベイブス・イン・アームズ」で発表した大スタンダード・ナンバー。

次の

チェット・ベイカーのおすすめ名盤5選【甘美な歌声とクールなトランペットの音色】

チェット ベイカー 映画

この映画で描いている時代はあまり広くは知られていないと思い、あえて選びました。 作詞家ネッド・ワシントンと作曲家ヴィクター・ヤングが1949年公開の同名映画(邦題『愚かなり我が心』)の主題歌として合作し、アカデミー歌曲賞にもノミネートされた。 クスリに溺れた波乱万丈の人生 若かりし頃は「ジャズ界のジェームス・ディーン」と呼ばれるほどイケメンでリリカルでシンプルな演奏を得意としたジャズトランぺッター。 シャーレインから拳銃を向けられた愛人のリリアンは逃げ出し、チェットは震え上がった。 栄光のために、プライドも魂も削り、結果ドブへ捨てることだってある。 オリジナルサウンドトラックは以下のようにラインナップ 1. そのため、美談となるようにかなり脚色されている点は、批判の的となりました。

次の

【公式サイト】『マイ・フーリッシュ・ハート』11/8(金)公開

チェット ベイカー 映画

チェットは、類まれな才能と努力によって、マイルスを凌ぐほどの人気を得るまでになったが、麻薬常習からトラブルが絶えなかった。 解説 イーサン・ホークが1950年代のジャズ界で活躍したトランペット奏者でボーカリストとしても活躍したチェット・ベイカーに扮し、その半生を描いた伝記映画。 40年代終わりには、チェットのトランペットには周囲の誰もが一目置くようになっていた。 彼らから話を聞いたルーカスは、チェットのずたずたに傷ついた心の闇に触れていく。 ベイカーは麻薬そのものや麻薬をやっている人間に強烈な魅力を感じるようになっており、間もなく友人のボブ・ニールとともに自らマリファナを売る側に回った。 冒頭からびっくりしたのが、彼の歯が1本抜けていたことです。

次の

ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

チェット ベイカー 映画

彼のトランペット演奏は卓越しているし、それは、まるで彼の声のようです。 マイルス・デイヴィスは、革新的なジャズを何度も創造し、常にジャズ界を牽引してきた。 チェット・ベイカーの役に前から興味を示しているということも知っていましたし、ルックスも非常に彼と似ていますよね。 マイルスの2番目の夫人で、1960年に結婚した。 。 監督:イーサンは、実は彼が『6才のボクが、大人になるまで。 しかし、ホテルの部屋には誰もおらず、殺風景なその部屋の机にはドラッグ用の注射器などが散乱し、床にはトランペットが転がっていた。

次の

マイ・フーリッシュ・ハートの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

チェット ベイカー 映画

今回はそんなチェット・ベイカーの半生を描いた映画 「ブルーに生まれついて」を紹介します。 以後、1981年6月26日の復活ライブまで、マイルスは一切表舞台から姿を消した。 甘く切ないため息のようなバレンタインは、時代を超えて愛され続けている。 Contents• ジャズ界のレジェンドから悲しきジャンキーへと堕ちた チェット・ベイカーの知られざる最期の数日間を映画化 1950年代のジャズ・シーンに彗星のごとく現れ、唯一無二の魅惑を湛えたトランペットの清冽な音色と中性的な歌声によって、巨人マイルス・デイヴィスを凌ぐほどの人気を獲得したチェット・ベイカー。 ただ、あらかじめレコーディングした楽曲に映像を合わせるので、正確に口の動きを合わせないといけないということはありました。 古い時代の象徴としてのチェット・ベイカーの死を目撃したことで、私たちは時代が生まれ変わっていく証人となり、またその責任を負うのではないでしょうか。

次の

チェット・ベイカーを偲んで〜悲劇の終焉を迎えた色男が歩んだ音楽人生とは?|TAP the DAY|TAP the POP

チェット ベイカー 映画

そんなの生き様を肯定する素敵なタイトルだなぁと改めて感銘を受けたのでした。 その「My Funny Valentine」も収録されているのが、1956年に発表され、全曲で歌声を披露しているチェット・ベイカーの名盤「Sings」です。 「バードランドで演奏させてください!」 そう、以前(映画の冒頭で出てきたシーン)マイルス・デイビスに酷評されたあのジャズクラブです。 そこで見たチェット・ベイカーの演奏はとても素晴らしいものでした。 到底ご本人には敵いそうにないですもんね。

次の