フィリップス ディスプレイ。 273B9/11

フィリップス(PHILIPS)の241E9/11ディスプレイを買ったのでレビュー

フィリップス ディスプレイ

5W以下 VESA DPM OK 適合規格 "EnergyStar 8. Windows、Windows Vistaは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。 色味調整 ディスプレイの個体差があると思いますが、私が買った個体は、赤みが強いなと感じたので、色温度を7500Kの少し青味を持った色温度にふりました。 長時間静止画を表示させた場合、残像の原因となることがあります。 万一、これらの設備や機器に本ディスプレイを使用されたことにより人身事故、火災事故、及び損害などが生じた場合、当社は一切の責任を負いかねます。 8M、HDMI cable 1. 火災、感電、故障などの原因となることがあります。

次の

フィリップス(PHILIPS)の241E9/11ディスプレイを買ったのでレビュー

フィリップス ディスプレイ

8M、Power cable 1. 8M、Audio cable 1. この製品は屋内専用仕様です。 正しく安全にお使いいただくために、ご使用の前に必ず「取扱説明書」をよくお読みください。 8M、DP cable 1. ディスプレイ薄さについて モニタ端の最薄部は約6mmです。 また、一般汎用機器以外の用途で使用される場合は、保証期間内であっても無料修理の対象外となることがありますのでご注意ください。 これは故障ではありません。 2 x 4 消費電力 (Typ. 2 x 1、USB C 3. HDMI、HDMIロゴ及び、High-Definition Multimedia Interfaceは、HDMI Licensing,LLCの米国及びその他の国における商標または登録商標です。

次の

モニター。全ラインアップを見る

フィリップス ディスプレイ

ユーザー定義項目からRGBを好きな数値に持っていき、好きな色に自由にカスタマイズすることも可能です。 4 x1、Display port1. ブルーレイは、ブルーレイディスクアソシエーションの商標です。 その他本カタログに記載された社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。 IPSは株式会社ジャパンディスプレイイーストの日本における登録商標です。 本製品の有効ドット数の割合は99. 医療機器、原子力設備や機器などの人命に関わる設備や機器としての使用は意図されておりません。 モニタアームを使用して、このディスプレイの購入をお考えのかたは注意が必要です。 9995%以上です。

次の

フィリップス(PHILIPS)の241E9/11ディスプレイを買ったのでレビュー

フィリップス ディスプレイ

液晶ディスプレイは精密度の高い技術で作られておりますが、画面の一部に点灯しないドットや常時点灯しているドットがある場合があります。 MHL、MHLロゴ及びMobile High-Definition LinkはMHL,LLCの米国及びその他の国における商標または登録商標です。 注意点(モニタアームの取付) モニタアームの取付に注意が必要です!!!! モニタアームの規格【VESAマウント】に対応していますが、写真でも見て取れるように、VESA100と75併用の規格のモニタアームを買ってしまうと、モノによっては電源や、HDMIなどの入力端子と被ってしまう可能性があります。 買った理由 デュアルディスプレイで使っていた片方のディスプレイに縦線が入りはじめたタイミングで とベゼル幅が薄く、ノングレアで、発色の良いIPSパネルだったため。 輝度が強いかなという気がしたので80まで下げてあります。 本ディスプレイは、一般汎用機器として設計・製造されております。 ベゼル幅について ベゼル幅は上・左・右ともに、約4mm。

次の

モニター。全ラインアップを見る

フィリップス ディスプレイ

2 Gen1x 1 DP Alt mode USBポート USB3. 画面はハメコミ合成です。 水、湿気、油煙、湯気、ほこりなどの多い場所で使用しないでください。 一般汎用機器よりも高度な信頼性が要求される設備や機器として使用する場合は、故障に対する保護対策及び安全設計に考慮し適切な処理を行ってください。 。 そして、モニタアームを付けることが出来たためです。

次の

273B9/11

フィリップス ディスプレイ

8M、USB Type C-C cable 1. 画質・色の調整について 画像・画質調整 画像・画質調整については別のディスプレイともほぼ同じ。 。 。 。 。 。

次の

Innolux Japan Co., Ltd.

フィリップス ディスプレイ

。 。 。 。 。 。 。

次の