デュエプレ アルカディア ス。 デュエプレ アルカディアスカップ振り返り

【デュエマプレイス】白緑青アルカディアスの最新デッキレシピ【デュエルマスターズプレイス】

デュエプレ アルカディア ス

そして多量に積まれたチャージャー系の呪文を使い回せること。 ちなみにイラスト違いの《フェアリー・ライフ》なんですが、ちょっと正確な情報を調べ切れてないのですが、E1のプロモが元になりますね。 パーツ取りとして非常に優秀なスターターであり、ぜひ購入したい。 ダイヤモンドブリザードを砕いて別のデッキを使うか• たまたま当たったので入れてみました。 聖霊王降臨のコンセプト 聖霊王アルカディアスと光器ペトローバ、ガーディアンたちで守りを固める長期戦を見据えたデッキ。 そんな中で1700に到達した人が既に何人もいたのですが、その中の数人が リーフブリザードで上げたというのを聞いたり見かけたりしました。

次の

デュエプレ アルカディアスカップ振り返り

デュエプレ アルカディア ス

審門の精霊アールフリート 4コストス進化元。 つまりレアリティによって使用できるカードプールが制限されることによってかえって、 小学生時代のような牧歌的なゲーム体験ができるという意見だ。 これが 元々の集金体制による供給の少なさと相まってプレイヤーに勝利に固執するプレイスタイルを強いることになっている。 相手の行動を封じ 《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》で反撃を許さず勝利するこのデッキは、まさに王道のコントロールデッキといっていいでしょう。 期には系デッキの対策になるという事で使用率が回復したものの、全盛期には及ばない。 総合評価 S~Cの4段階評価。

次の

デュエプレ環境予報5/30 アルカディアス、そのまま環境なるか!?

デュエプレ アルカディア ス

もちろんメインはボルメテウスの回収です。 デッキアウト対策も考慮する中で、白黒赤で呪文回収で除去を回す構築も流行しました。 状況をまとめます。 そして 光輪の精霊ピカリエ。 その使い始めがちょうど25日0時頃のレート1600です。 《二角の超人》がパワー7000あり、ボルメテウスと相討ちのスペックなので《ストーム・クロウラー》は優秀です。 中盤~終盤でアルカディアスを出してから相手のシールドを殴りにいきましょう。

次の

デュエプレ アルカディアスカップ振り返り

デュエプレ アルカディア ス

では、光文明を代表する看板クリーチャーとして登場し、シークレットカードも収録されている。 コントロール系にはアルカディアスの早期召喚を狙う などの動きが出来ればベストです。 ス未だに一枚も引けないのなんで?です。 基本的に、シールドからのトリガーに期待するゲームとなります。 また 精霊王アヴァラスはシールド補充もできますし、パワーの高いWブレイカーということで相手の盤面処理や止めを決めに行く際のアタッカー要因として優秀です。 おおばあつし先生 電撃執筆! アニメ直前 限定イラスト!! 小型は《サウザンド・スピア》で流せるとしても、クワキリ、キャノンの盤面を作られると為す術なく負けます。

次の

【デュエマプレイス】白緑青アルカディアスの最新デッキレシピ【デュエルマスターズプレイス】

デュエプレ アルカディア ス

それでは。 理由はこっちがロスト特化であることと、ボルメテウスの枚数が4+回収札4枚と、実質的な8枚体制であるので、ボルメテウスの数で押し切れます(一般的なリストは、基本的に3ほど)。 。 またガルザークを破壊するときの盾ともなってくれます(笑) 正直ここは エナジーライトじゃ代用できないぐらい重要なカードと言えるでしょう。 このデッキはカードの入れ替えが面白く、負けも基本的に責任が自分に降りかかってくるケースが多いため、個人的には回してて楽しかったです。 以上、神結でした。

次の

《聖霊王アルカディアス》

デュエプレ アルカディア ス

手札の数を6枚キープしておくことにより、効果でのドローが発動しないので山札が少ないときなどは意識しましょう。 逆にゲーム性はともかくとして、UIの洗練されたシャドバ、M:tGAは長く楽しんだ。 盤面処理にも使える• 陽炎の守護者ブルーメルキス• 《ミラージュ・マーメイド》でコントロールを咎め、トリガー多投でビートダウンを咎める【赤青白速攻】は本当に隙が少なかったのだ。 ホーリースパークで盤面の処理をとれるとかなり勝利に近づきますね。 青 白リーフ 2 1 先攻ならペトローバの前にスピアが間に合って優勢。 クエイクスの無力化を狙う展開。 今日のところは終わり! minizzzzzz. 正直運みたいなものですね。

次の