早稲田 大学 リポジトリ。 WASEDA Research Portal

早稲田大学リポジトリに関する内規

早稲田 大学 リポジトリ

学位規則の改定により、2013年度以降は原則として早稲田大学リポジトリで本文全文PDFを順次公開していきます。 4 本学図書館は、登録権者が関与して作成した学術情報資料の著作権が登録権者以外の者に帰属している場合に、登録申請に関わらず、著作権者の同意を得て、リポジトリに当該学術情報資料を登録することができる。 国際共同研究推進を目的とした派遣・招聘費を補助します• 紀要論文 など 早稲田大学リポジトリのメタデータは , からも検索できます。 )を定める。 (学術情報資料のリポジトリへの登録) 第5条 学術情報資料をリポジトリに登録することを希望する登録権者は、第9条に定める事項を遵守して、「早稲田大学リポジトリ登録申請書」(別紙)を本学図書館長に提出しなければならない。 博士学位論文の貸出はできません 博士学位論文の貸出は行っておりません。

次の

早稲田大学リポジトリに関する内規

早稲田 大学 リポジトリ

19 2020. 31 研究関連ニュース• 各種規程、申請書類、審査結果等、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究」に関する手続きを紹介します• 本学の研究者等が作成した学術論文、学位論文、紀要論文、ワーキングペーパー、会議録等の電子的な学術情報を保存・公開する学術機関リポジトリです• 学内ネットワーク外でも認証不要でアクセス可能です。 冊子体を閲覧する 博士学位論文の原本 2012年度以前の博士学位論文の原本は、すべて早稲田大学図書館本庄保存書庫に保管されています。 各拠点ではそれぞれの規模や特性に応じた研究支援(研究者のマッチング等)を行っています。 教育活動の一層の充実を図ることを目的として、正規授業に特別講師を招く際に、講師謝礼を支給するものです• インパクトの高いジャーナルに投稿論文が掲載された際に、それに係って発生した諸経費を補助します。 専任教員・助教・助手が個人で行う学術研究を助成するために学部等箇所毎に交付される研究費です。

次の

早稲田大学リポジトリ

早稲田 大学 リポジトリ

人文系、社会科学系、自然科学系の3分野とし、各分野若干名の採択とする。 各国の外国為替レート(月末TTS)です。 )は、早稲田大学(以下、「本学」という。 オンライン版(PDF版)博士学位論文利用上の注意• )に登録する。 研究費別の使用状況照会画面です。 中央図書館2F参考図書コーナー(R091)ほか、各キャンパス図書館等に配架されています。

次の

早稲田大学で授与された学位論文を検索するには

早稲田 大学 リポジトリ

教育学研究科の学位論文 教育学研究科の2012年度以前の博士学位論文は、教育学部教員図書室にも所蔵されています。 。 博士学位論文審査要旨 1989年度から2001年度までは「博士学位論文審査要旨」が刊行されており、年度ごとに要旨を閲覧することができます。 ドイツ国内の高等教育機関と早稲田大学との連携の構築・強化、および共同研究促進に対する資金援助を行います• 早稲田大学Webページにおいて公開している早稲田大学審査学位論文(博士)について、 その著作権等は各々の著作者に帰属し、著作権法および国際条約によって保護されています。 人文社会科学系分野での研究国際発信力を強化するために英文学術書の出版に係る助成を行います• RA・TA・研究補助者など、目的に応じていくつかの雇用形態があります• ダイバーシティ推進室の提供する、育児、研究者支援です。

次の

早稲田大学で授与された学位論文を検索するには

早稲田 大学 リポジトリ

各学部事務所等にお問い合わせください。 各種規程、申請書類、審査結果等、「利益相反マネジメント」に関する手続きを紹介します• 何が検索できるのか? 早稲田大学内で生産されたデジタル学術情報を保存し,学内外に発信しています。 2020. 各種ITサービスを提供しています。 Documents in Waseda University Repository are indexed in , , where you can find several million documents from other academic institutions. 学術論文投稿にあたっての翻訳・校正料、投稿料・掲載料等を補助します• 通関上のトラブルを未然に防ぎ、輸出管理の手続き等が負担にならないように支援をしています• (登録の抹消等) 第8条 本学図書館は、次の各号に定める事由がある場合には、第4条に定める利用を一時的に停止し、又は、学術情報資料のリポジトリへの登録を抹消して、第4条に定める利用を終了することができる。 JSPSの研究拠点形成事業A型、日独共同大学院プログラム、日中韓フォーサイト事業、国際共同研究事業(ORAプログラム、JRPsプログラム、PIREプログラム)を対象に、申請書作成支援を行っています。

次の

早稲田大学リポジトリに関する内規

早稲田 大学 リポジトリ

(登録の対象となる学術情報資料) 第2条 本学図書館は、次の各号の要件を充たす学術情報資料(以下、「学術情報資料」という。 専任教員・研究員等の教育・研究活動に関するデータベースです。 一 学術情報資料の内容が他の者に帰属する著作権を侵害する場合。 3 リポジトリに登録する学術情報資料の著作権が登録申請者以外の者に帰属している場合には、登録申請者は、第4条に定める利用を本学図書館に対して無償で許諾する旨の同意書を著作権の帰属する者より予め取得して、申請手続をしなければならない。 お知らせ・トピックス• 本学の協定校のうち、教員交換に係る特別な枠組みが設置された大学への派遣プログラムです• [博士論文] 早稲田大学で授与された旧制および新制の課程博士(甲)、論文博士(乙)の論文を、図書館で所蔵しています。 著作権についての責任はすべて利用者に負っていただきます。 Waseda University Research:• 英語論文の執筆や投稿に役立つオンデマンドコンテンツを配信しています。

次の

早稲田大学で授与された学位論文を検索するには

早稲田 大学 リポジトリ

4 リポジトリに登録する学術情報資料の公開が登録申請者以外の者の肖像権又は個人情報に関する権利と抵触する場合には、登録申請者は肖像権又は個人情報に関する権利が帰属する者(以下、「肖像権者等」という。 詳しくは「」をご覧ください。 優れた若手研究者に研究に専念する機会が与えられる日本学術振興会の制度です• 大学院生等が海外機関で研究することを目的とした助成制度です。 : 1991~2000年度に国立国会図書館に送付された博士学位論文の一部が、国立国会図書館でデジタル化され、オンラインで公開されています。 学術雑誌掲載論文• 利用者は、個人利用以外の目的でその内容を複製、頒布ないし改変するなど、 著作権を侵害する行為を行うことはできません。 2 リポジトリに登録する学術情報資料の著作権が登録申請者を含む複数の者に帰属している場合には、登録申請者は、第4条に定める利用を本学図書館に対して無償で許諾する旨の同意書を著作権の帰属する全員より予め取得して申請手続をしなければならない。 22 2020. 正当の理由があると判断する場合には、本学図書館は、当該学術情報資料のリポジトリへの登録を抹消し、当該学術情報資料について第4条に定める利用を終了しなければならない。

次の

早稲田大学学位論文の検索と利用方法(早稲田大学図書館)

早稲田 大学 リポジトリ

(一部は電子ファイルがないため、冊子体が本庄保存書庫に保管されています)。 閲覧を希望する場合は以下の方法でお申し込みください。 オンライン版(PDF版)博士学位論文利用上の注意• これらの事項に違反する悪質な利用を行い、著作者や大学等に損害が生じた場合は、その不正利用者に対して損害賠償を求める等の厳正な処置を行うことがあります。 「早稲田大学学術叢書」「早稲田大学エウプラクシス叢書」の出版費用を助成します• Waseda University Faculty and Staff are authorized. 産学官連携の形態、発明関係、契約・知的財産に関する手続き等を紹介します• 早稲田大学リポジトリはに準拠しています。 [修士論文] 各研究科により異なります。 人を対象とする研究に関する倫理審査委員会に係る諸様式を公開します。 学術論文データベースScopusの情報を元に、本学研究者の個別の研究業績(論文数、h-index等)を把握できるシステムです• 海外で研究や研修を行うときに必要な経費について銀行から融資を受けられます。

次の