ラウラ アン トレッリ。 ラウラ・アントネッリ

全19作品。ラウラ・アントネッリが出演した映画ランキング

ラウラ アン トレッリ

(『 Polvere di stelle』)• 1979年• お待たせしました。 『』 Casta e pura 1982 監督サルヴァトーレ・サンペリ、1982年• 若い軽騎兵将校を執拗なまでに愛する病弱な醜女の苦悩を描く。 この映画で顔の皺を隠すためのコラーゲン注入手術に失敗したことで、ラウラは製作陣を相手に泥沼の訴訟を展開するも敗訴。 それだけに、ストーリーやキャラクターは前作よりも単純化され、主人公たち以外の部分でコメディ色の強いキャラクターやシーンも多くなっています。 1962年:該当なし• buon anno』 『 Evelina e i suoi figli』 リーナ・サストリ 『 Piccoli equivoci』 アンナ・ボナイウート 『 Donna d'ombra』 1991 『殺意のサン・マルコ駅』 ナンシー・ブリッリ 『 Italia-Germania 4-3』 『 La settimana della Sfinge』 『 La casa del sorriso』 アンジェラ・フィノッキアーロ 『 Volere volare』 1992 ジュリアーナ・デ・シーオ 『 Cattiva』 『 Maledetto il giorno che t'ho incontrato』 『 Pensavo fosse amore...。 公開時、ラウラはちょうど50歳くらい。

次の

全19作品。ラウラ・アントネッリが出演した映画ランキング

ラウラ アン トレッリ

(『ふたりの女』)• (『 La ragazza con la pistola』)• (イタリア語). ガブリエレ・ダヌンツィオの原作をスーゾ・チェッキ・ダミーコが脚色。 日本語版監修は岡枝慎二。 これらの他にも年上の素敵な女性に少年が性の手ほどきを受ける、という映画は山のようにありますが、その最初期かつ、とんでもない大ヒットを記録した作品がこの『青い体験』です。 さらに下記のインターネット・オンデマンドでもご覧になれます。 2015年6月22日、ラウラ・アントネッリさんがローマ郊外の自宅で息を引き取りました。

次の

全19作品。ラウラ・アントネッリが出演した映画ランキング

ラウラ アン トレッリ

追悼の意を込めまして、昨秋発売した『青い体験/続・青い体験』Blu-rayセット封入ブックレットのために書いた原稿を下記に再録します。 『青い体験』には父親のイニャツィオがニーノに「去年はあんなに欲しがってたじゃないか」とバイクを買ってやろうとするくだりがありますが、なんだか因縁めいたものを感じます。 演じるのはモニカ・グェリトーレで、彼女は同じ1974年に『楡の木陰の愛』という映画で全裸を披露しています。 イタリア半島の北西部、トスカーナ地方のベルシリアというリゾート海岸が舞台。 今はHな気分に浸りたければ、レンタルビデオはあるし、インターネットではあられもない動画が無数に見られる時代です。

次の

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ主演女優賞

ラウラ アン トレッリ

1974年• 1958年• 『』 : 監督、1971年• 1973年• フロリンダ・ボルカン(『 Cari genitori』)• 若い青年とどうにかなる役を再び演じるには無理がある上に、劇中で彼女が「実年齢よりも10歳上に見られる」と自虐的な台詞を吐くシーンもあるくらいに老け込んでいます。 劇場公開以来、全国の地上波、CS等で、幾度となく放送はされてきたものの、パッケージソフトとしては大昔にVHSが出たっきり。 本作ではラウラに加えてもう一人、ミラノから来た少女ロージーがアクセントになっています。 と書くのが適当かもしれません。 体育の教師となる予定だったが、が提供するテレビ・シリーズに数回出演した後、1965年(昭和40年)に初めて映画出演を果たす。

次の

全19作品。ラウラ・アントネッリが出演した映画ランキング

ラウラ アン トレッリ

1973年(昭和48年)には、中学生の少年に初体験をさせるメイドを演じた『』が、本国イタリアを始めや、で大ヒットした。 出演はべルナール・ジロドー、ヴァレリア・ドビチ、ラウラ・アントネッリ、ジャン・ルイ・トランティニャン、マッシモ・ジロッティなど。 1971年• 展開は容易に想像がつくと思います。 1991年、関係者の誰かに「夢をもう一度」という気持ちがあったのか、あるいはコカイン所持で逮捕されてしまったラウラにお金の必要があったのか、シルヴィオ・クレメンテッリ製作、サルヴァトーレ・サンペリ監督、フレッド・ボングスト音楽、役者陣ではトゥーリ・フェッロとラウラ・アントネッリという、第一作の布陣が再び顔を揃え、『青い体験 2000』(MALIZIA 2MILA という映画が作られます。 『』 : 監督、1970年• また、『コニャックの男』で共演したと恋仲になり、2人の関係は10年ほど続いた。 1965年• もしかすると公開当時まだ30歳にもなっていない若さだったサルヴァトーレ・サンペリ監督に、ガーターベルトやクラシックな下着に対するフェティシズムが強くあっただけのことかもしれませんが……。

次の

ラウラ・アントネッリの映画作品

ラウラ アン トレッリ

フロリンダ・ボルカン(『ベニスの愛』)• 73歳没。 (『』)• どうぞこの機会に、ラウラ・アントネッリを偲んでいただければと思います。 さすがに一家で正装までして息子の筆下ろしを祝うエンディングには「なんだかなあ」と思わずにはいられませんが。 1960年:該当なし• 1950年代 [ ]• 2006年(平成18年)に国は原告の主張を認め、10万8千が支払われた。 この映画は公開当時、イタリアでは50億リラもの興行収入を記録。

次の