目途 目処 違い。 『目途』のフリガナは”もくと”?、”めど”?

「目処・目途・目度」の意味と使い方は?違いと使い分け方も調査!

目途 目処 違い

具体的に組まれた会社の 展望に基づきながら、今日も仕事に取り組む。 しかしながら日常会話で「目標」のことを「もくと」と表現することはまずなく、従って「目途」という漢字での表記は日常的ではないと推察されます。 「目途」はお役所言葉の1つであり、公的な文書などかしこまったシーンで使用されます。 「目処がつく」と意味はほぼ同じ 「目処が立つ」と似た言葉に「目処がつく」があります。 目途と目処の類義語 続いて、「目途・目処」の類義語です。

次の

目処と目途の違い・意味の違い・どっちを使うべきか使い分け方法

目途 目処 違い

・長い間その事件について調査しているが、なかなか解決の目処が立たない。 まあ「目処(めど)」は本来、糸を通すための針の穴という意味から 「見通し・目星」という意味になっているので ぼくらが「完成の目処(見通し)がつく」とふだん使ってるのは まったく問題ないと。 「めど」と読み、「見当」「目標」を意味します。 「目途」を使った例文・短文 解釈• 「目途 もくと 」と読む場合のもう一つの使い方として、 「目的・目標・めざすべきものについて言及する時」に使うという使い方になります。 意味の似た「目途」と「目処」ですが、「目途」は「目標」を意味する場合が多く、「目処」は「見通し」を意味する場合が多いと覚えておきましょう。 目途という言葉は、「今年度の予算については使用の目途がついている」などという表現でも使われます。 「目途が立つ」を英語で表現すると? 最後に「目処が立つ」の英語表現をしてみましょう。

次の

「目途」は「めど」か「もくと」か

目途 目処 違い

この「目処」に対して、 後から「目途(もくと)」という言葉が登場しました。 一般的によく知られている「目処(めど)」という言葉と何が違うのか疑問に思う方も多いと思いますが、 この2つの言葉はほぼ同じ意味合いと思っていいです。 以下のようなものです。 例文 ・今回の試験の合格は80点を目安としたものの、達成している人は少なかった。 小さな針の穴に糸を通そうと狙うことから、「めど」に「目標にするところ」という意味がついたと考えられます。 占いが将来を見通すことを目的としたものと考えると納得できるかもしれません。

次の

「目処(めど)」と「目途」は同じ意味?正しい意味や使い方を紹介

目途 目処 違い

しかし、耳から入ってくる「めどころ」の響きは「目の付け所(めのつけどころ)=着眼点」に近いため、相手に誤解を与えてしまうことがあります。 ・大けがをしたため、職場復帰をする目処が立たない ・ある装置が壊れたが、修理のためのおおよその目処が立った ・電車が大幅に遅れが、これがいつ元に戻るのか目処がつかない などと「目安」「具体的な目標が定まっていない見通し」のことを表現しています。 【目途の使い方】• 「目処」の方が元から存在した漢字です。 どのように使い分ければいいのでしょうか。 ただし、 先ほど説明したように、現在では両者を区別するために 「目途」の方は原則「もくと」と読みます。 これは明確な理由や根拠があるわけではなく、 慣習的な違いだと言えるでしょう。

次の

「目処・目途・目度」の意味と使い方は?違いと使い分け方も調査!

目途 目処 違い

昔は、この「蓍萩」のことを短縮して「蓍(めど)」と読んでおり、「蓍」が立つと将来の見通しが見えると言われ、「めどが立つ」となりました。 スポンサーリンク 「目処」、「目途」、「目度」は前述のように「~がたつ、つく」といった定型的な言い方で用いるほか、「めどはいつごろですか」といった名詞としての独立的な使い方もあります。 「目途(もくと)」の意味 目途(もくと)とは「目標・目的・めあて」といった意味で使われる言葉です。 「めど」派が4分の3と圧倒的でした。 「目途」は、主に「 目標」という意味で使います。 新聞などの読み書きの世界では、 まぎらわしさよりも簡潔さの方を重視します。 以上、「違い」をまとめると、 「 目途」=「 もくと」が正式な読み方。

次の

「目処」「目途」「目安」の意味と違い

目途 目処 違い

「途」は音読みの「ト」のみが挙げられています。 そもそも「めど」という言葉は、和語から派生していると考えられます。 「目途」の英語 解釈• 当て字とされる方の読み方が支持を得る結果となりました。 目処を使った分かりやすい例としては、「復帰時期の目処が立たずにいる」「今月中に長期目標が達成できる目処が立ちました」「各国の承認が終わり開催の目処が立ちました」「震災の影響で復旧の目処が立たない」「工事再開の目処が立つ」などがあります。 このことから 日常生活で「目標」や「見通し」などを表現する場合には、「目処(めど)」という言葉を使うのが正しいと言えますね。

次の

「目途(めど)」と「目処(めど)」の意味の違いと使い分け

目途 目処 違い

• 転じて、「目標・見通し」などの意味を持つ 「めど」が成立したと言われています。 <「 見通しが立つ」を使った例文>• ・証言やアリバイから犯人の目処が付いたが、決定的な証拠がまだ見つかっていない。 。 その 「めど」とは、植物の 「蓍萩(めどはぎ)」が語源であるとする説があります。 これは両者を分かりやすく区別するため、というのもありますが、 そもそも文法的な理由があるのです。 敬語表現はとくにない 「目処が立つ」に敬語表現はとくにありません。 • 占いは「将来の指針」や「見通し」を示すことでもあるため、転じて、「めど」が「目当て」や「目標」の意味でも用いられるようになりました。

次の