それなり に 幸せ です たぶん。 楽天Kobo電子書籍ストア: 【全1

楽天Kobo電子書籍ストア: 【全1

それなり に 幸せ です たぶん

店主に相談しワインを選び、店から出ると、大通りに黒塗りの馬車が停まっているのが目に入る。 (そういえば……彼以外のことで、こんなに悩んだのは初めてかもしれない) 面倒だが、何だか、とても新鮮な気持ちである。 きっと何日か経っている。 それ以外は没個性なイルザが、彼の婚約者であるというだけで、社交界で名が知れ渡るほどに、アーベルの注目度は高かった。 なのに、病床で目を覚ました妻に掛ける最初の言葉が『離縁』とは。 イルザは離れに戻ると、執事から渡された兄からの手紙の封をきる。

次の

【全1

それなり に 幸せ です たぶん

色んな点が好みから外れていたから仕方ないですが、この話をどう楽しんで良いかわかりませんでした。 みんな迷惑しているんだからっ。 ただこれは、『与えられた愛情に与えられた分だけ返して欲しい、2人は必ず両思いもしくは仕方ないとでも思って諦めてあげる』というのが好きな私の個人的な好みなだけなので、片方がそこまで愛情の差があったとしても実際はしょうがないのだと思います。 男性でも女性でも、美形を見るのは眼福である。 こういう展開になるよう、彼女が母親に頼んだのだろう。 結婚記念日だから。

次の

【全1

それなり に 幸せ です たぶん

働き者で、頭が良く、見栄えが良い彼を、リンダが気に入り、婚約を望んだらしい。 気持ち的な理由ではなく、喉からは掠 かす れた息しか出なかった。 ダリルから何となく好意のようなものを向けられていることには、イルザも気づいてはいた。 そのため、それらの言動について、自分の想像できる『普通』と違う人を嫌悪する方には受け入れがたいかもしれません。 国の地盤を固めるため、幼い頃に辺境伯に嫁いだのだが、辺境伯は、まだ三十歳にもなっていないというのに病死したらしい。

次の

それなりに幸せです、たぶん 美しき公爵の盲目的執愛

それなり に 幸せ です たぶん

馬車の小窓は分厚い黒いカーテンで覆われていた。 「今度こそ、誰にも君を傷つけさせたりしない」これまでと違う態度に戸惑うが、冷酷な男が自分にだけ向ける熱い情欲と偏愛に、ぞくぞくと劣情が沸き上がってきて……。 どれだけ他者から間違っていると指摘されようとも、彼は自分の意志を曲げることはない。 イルザの元夫はおそろしく華やかな容姿の持ち主というだけでなく、王位継承権は放棄しているものの王の甥 おい っ子という身分で、幼い頃から文事と武事に秀で、王太子の信頼も厚い……社交界でその名を知らぬものはいない有名人であった。 近いうちに実家に、兄のもとに戻ろうと思っています」 ダリルの母のお陰で、冷静になれたイルザは、適当な断り文句を口にする。 少し淡泊なくらいで他はいたって平凡なイルザが、周囲から「つり合わない」と言われながらも、美貌と優秀さを持つアーベルと結婚したのは、彼が異常なほどイルザに執着し、身勝手なほど愛情を注いできたせいだというのに。

次の

それなりに幸せです、たぶん 美しき公爵の盲目的執愛【1】 / イチニ【著】/ウエハラ蜂【イラストレーター】 <電子版>

それなり に 幸せ です たぶん

重複購入にご注意ください。 カリーナ王女、隣国の大使と不義を犯した上に、国の機密を流していたらしいわ。 「今度こそ、誰にも君を傷つけさせたりしない」これまでと違う態度に戸惑うが、冷酷な男が自分にだけ向ける熱い情欲と偏愛に、ぞくぞくと劣情が沸き上がってきて……。 イルザの実家であるバーデン伯爵家は、父が隠居したため、兄のカールが跡を継いでいた。 「今度こそ、誰にも君を傷つけさせたりしない」これまでと違う態度に戸惑うが、冷酷な男が自分にだけ向ける熱い情欲と偏愛に、ぞくぞくと劣情が沸き上がってきて……。 二十年の人生の中で、これほど不快な目覚めは初めてのことだった。 可愛い」 可愛い。

次の

それなりに幸せです、たぶん 美しき公爵の盲目的執愛

それなり に 幸せ です たぶん

ヒーローを惑わし振り回す的なパターンが好みならハマれるのかもしれません。 「結婚は女にとって一大事ですもの。 年配のメイドが、泣き喚 わめ くリンダの肩を抱き、屋敷の中へと連れて入る。 そして、正式に離縁が認められたひと月後。 カールはイルザの兄である。 特に公爵の10円玉ハゲは気の毒だわ萎えるわでゲンナリしました。 イルザさんも帰りやすいと思いますわ」 ダリルの母の言葉に、聞き捨てならない単語が混じっている。

次の

【全1

それなり に 幸せ です たぶん

現代の夫婦の形のような、亭主元気で留守がいい、ということなんでしょうね。 修道院に行きたいと思うが、たぶん反対されるであろう。 「…………あの、離婚?」 「シュテイツ公爵よ。 「体は不自由だけれど、気立ては良い子よ。 全身を打ちつけ、五日もの間、昏睡 こんすい 状態だったらしい。 重苦しい雰囲気の中のコミカルさも、読みやすい文体も、ストーリーも引き込まれる魅力に溢れている。

次の