デサント genten。 【楽天市場】DECENTE デサント GENTEN

【楽天市場】【あす楽対応】 デサント DESCENTE ランニングシューズ レーシングシューズ ゲンテン 原点 GENTEN

デサント genten

ウエアやシューズの使用感を今後のデサント商品の開発に役立てていくと言います。 静止時の安定と走行時の推進力の両方を実現。 DR-MOVEはまあタウンユースと勝手にカテゴライズして、残りの3つを見ていきましょう。 この点は他のナイキにも共通していますが、GENTENはかかとの部分が丸みを帯びています。 GENTEN-RC(ゲンテン-RC)は、フルマラソンをサブ3で走るような上級ランナーのための1足。

次の

うわさの薄底カーボンを履いてみた!!デサント GENTEN

デサント genten

このフィット感は後足部のフィット性が最強と言われているアシックスにも匹敵するんじゃないかと思います。 『デサント』はこのシューズを原点に、日本人ランナーに向けて今後開発を進化させていきます。 「原点 GENTEN」のコンセプトは、「新・薄底、新感覚の推進力~日本人ランナーの足を創る~」です。 リーズナブルなプライスも嬉しい。 5〜29. 結局大事なのは評判ではなく、実感。

次の

日本のブランドによる日本人が走るためのランニングシューズ デサント「原点 GENTEN」デビュー|株式会社デサントのプレスリリース

デサント genten

RCはレースの略で、フィット感の良さを最も売りにした、サブスリーランナー向けのレーシングモデルです。 GENTEN-ELはカーボンシューズですが、 フラットソールなのも特徴の一つです。 ランニングシューズに必要なことは地面を蹴る力を無駄なく、安定して推進力に変換すること。 ノーベル賞受賞素材「グラフェン」をソールに使用することで、グリップ力を発揮。 そして中足部で一気にドロップがついた形状。 このインソール、実に 土踏まず周りとインソールとのフィット感が抜群なのです!! 履いてみるとすぐに分かるぐらい、前足部が下がるのですが、足裏のフィット感がとても良いので、ズレが生じにくく、つま先への詰まりが少ないと感じました。

次の

コレが速く走るためのシューズだ! デサント GENTEN 原点【評価・レビュー】

デサント genten

今回はこのGENTENのエリート、レーシング、スピードトレーニングの3種類を、理学療法士としての運動学的視点とシューフィッターとしての靴の構造的視点、陸上競技選手としての競技視点の3つの視点から解説していきたいと思います。 「原点GENTEN」のコンセプトは、「新・薄底、新感覚の推進力~日本人ランナーの足を創る~」。 そして中足部から前足部にかけてミッドソールがぐっと下がっていますので推進力が得られやすいそうです。 ランニングシューズに必要なことは地面を蹴る力を無駄なく、安定して推進力に変換すること。 アウトソールの表層レベルにプレートがあり、試作の時点で履いた時は割れやすいんじゃないかという懸念もありましたが、その心配はほとんどないとのこと。 足裏の接地感に敏感な人は、この「足を地面に置くだけ」という感覚は得意かもしれませんが、足裏の感覚が鈍い方にとっては、難しいかもしれません。

次の

【楽天市場】【あす楽対応】 デサント DESCENTE ランニングシューズ レーシングシューズ ゲンテン 原点 GENTEN

デサント genten

もともとランニグシューズとしての認知がほとんどなかったデサントがランニングシューズ市場に参入したのはなぜでしょうか? デサントがランニングシューズ? スポーツメーカーとしては非常に有名なデサントですが、おそらく多くの方が「デサントがランニングシューズ?」という感覚を持つことでしょう。 足裏の感覚を鍛えたい方や、接地の仕方を見直したい方にも、適したシューズだと思いますので、興味のある方はぜひ試してみてください。 アウトソールには軽量で強度のあるグラフェンを使い、薄底ソールには高い反発をカーボンを内蔵します。 逆に、これだけ薄底なので、 蹴る力を加えてしまうと、ふくらはぎ周りや足底筋に、余計な負担がかかってしまいます。 見た目だと150gくらいに見えますが、必要な機能を詰め込んだらこのくらいの重さになるのでしょうね。 これでも反発性は得られるので、安定性と反発性を両立したモデルです。

次の

【GENTEN (原点)】 ランニングシューズ|デサントブランド公式サイト

デサント genten

レビュー GENTENは3モデルともフィット感の良さを追求しています。 富士通の塩尻和也選手がデサントとアドバイザリー契約を締結。 カーボンプレートはもちろんなし。 陸上競技選手やかつて陸上競技をやっていたランナーであればトラックを走っている時にスパイクが地面を踏みしめる感覚に近いのではないかなと感じました。 と、ご覧のとおり4種類あります。 0cm 【27. 経営企画時に新規事業立案の中で関わった「デサント ランニングシューズ」の事業を自ら行うことになり、2018年4月に現担当となる。

次の

DESCENTEが真剣かつまじめに作ったランニングシューズコレクションが遂に登場。

デサント genten

独自の底面形状から生み出されるドロップによって推進力と安定感の両方を実現。 返品すれば問題ないこともありますが、そんな面倒なことするなら、是非一瞬でもショップに行って自分で履いた感覚を確かめてくださいね。 可もなく不可もないといった具合で、通気性もまずまずでしょうか。 先日発売された 『デサント GENTEN』(ゲンテン) さっそくスピード練習で使いました。 サブ4クラスにしてはやはり薄い気がしますが、それでもGENTEN-RCと比べて明らかにミッドソールが厚くなり、多少のクッション性はあります。 デサント ランニングシューズの機能性を支える、こだわりスペックはコレだ! フィット感 GENTEN-EL、GENTEN-RC、GENTEN-STとDR-MOVEというように、ランナーのタイプに合わせて3種類のラスト(木型)を用意。 ということで 次回のスピード練習で試してみたいと 思います! 詳しいスペックは公式サイトを ご覧ください。

次の