スリランカ コロナ ウイルス。 新型コロナウイルス 各国の入国制限に関する一覧(2020年6月26日09:00時点)

スリランカのコロナウイルスの状況について(3月26日時点)

スリランカ コロナ ウイルス

スロバキア入国の際に検問が実施されていない場合,同陰性証明書を入国後遅滞なく最寄りの公衆衛生局に提出しなければならない。 今後のスリランカ経済への影響 下で紹介するJETROの記事にもある通り、スリランカの産業は中国に依存しており、物流や労働力含めて経済への影響は避けられません。 既に各国に滞在されている方々は,各在外公館ホームページ,各在外公館から届くお知らせ等を随時確認し,最新の情報を入手してください。 これはスリランカ本土・外国問わず、スリランカ人の最初の感染者です。 テレビでは毎日コロナウイルスについてのニュースがやっており、 日々感染者が増えていき国民に不安が広がっています。 米国 3月21日に米国疾病予防管理センター(CDC)が新型コロナウイルスに関する日本の旅行健康情報をレベル3(不要な渡航延期勧告)に引き上げたことにより,日本から米国への入国者は,入国後14日間,自宅等で待機の上,健康状態を観察し,周囲の者と距離を置くこと(socialdistancing)が求められる。

次の

6月14日(日)からコロンボ県とガンパハ県における県をまたぐ移動も可能に!

スリランカ コロナ ウイルス

参考 直近のスリランカへの観光客数は? 2020年1月のスリランカへの観光客数は、前年同月比に比べて6. エ チェコの滞在許可及び「long term EC resident」の資格を有しない外国人は,外国人の入国規制に従う。 スーパーの入店も制限されており、人との間隔をあけるよう指導されるところもあります。 徐々に治安が悪くなってきているのを肌で感じています。 これらの国・地域においては,以下の情報いかんにかかわらず,同勧告を踏まえて行動してください。 ラジャパクサ大統領の意思決定が迅速ということでしょうか。 ・新たにイ ギリス,ノルウェー,ベルギーからスリランカへのフライトを,3 月16日から2週間制限し,これらの国からの渡航者,あるいは過 去14日間これらの地域に滞在していた者への搭乗規制をするよう 指示しました(16日23時59分以降30日24時(いずれもス リランカ時間)までの間にスリランカに到着する全てのフライトが 対象)。 案内でも参照されているによれば、 ・市民生活の正常化、及び必要不可欠なサービスの継続的な提供を含む経済の正常化のために必要な者のみ、5月11日10時より業務を再開 ・それ以外の市民は、継続的に自宅待機し、食料や生活必需品の購入のためにのみ外出可能 スリランカ政府は、 6月までに、段階的に外出禁止令を解除していく方針のようです。

次の

6月14日(日)からコロンボ県とガンパハ県における県をまたぐ移動も可能に!

スリランカ コロナ ウイルス

サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 入国後の自主隔離場所までの移動時にはマスク又は口を覆う物の着用を義務付ける。 現地のドライバーに聞くと、 「モノよりもカネでの補償が必要だ」と言っていました。 同措置は,韓国国内で外国人登録(永住資格を含む)又は居所申告が有効な場合には,適用されない。 6月6日現在、感染者は抑えられていると言える状況です。 — 政府は来月までに外出禁止令全てを緩和する方針 5月9日 4月24日時点 3月18日から始まった外出禁止令は、4月20より一部地域で平日日中は解除されました。 感染者(193,785) 死亡者(9,012) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 感染者(8,777) 死亡者(248) ・ 感染者(12) 死亡者(0) 感染者(4,114) 死亡者(576) ・ 感染者(7,155) 死亡者(327) ・ (ア)フィンランドへの帰国(フィンランドに在留許可のある外国人を含む) (イ)他のEU・シェンゲン域内の国への帰国,もしくはそれらの国を経由しての帰国(EU市民またはEU・シェンゲン域内に居住している者) (ウ)業務のための移動,その他必要な移動(通勤、外交官,国際機関職員,業務のため移動する軍関係者・援助機関関係者等) ・ (ア)フィンランドへの帰国(フィンランドに在留許可のある外国人を含む) (イ)他のEU・シェンゲン域内の国への帰国,もしくはそれらの国を経由しての帰国(EU市民またはEU・シェンゲン域内に居住している者) (ウ)外国人(EU市民・シェンゲン加盟国民以外)の出国 (エ)必要な移動(保健,救急,高齢者ケア関連業務に従事する者、貨物輸送関係者、フィンランドの在留許可を得て入国する者等) ・ 感染者(187) 死亡者(0) ・ ・ 感染者(161,348) 死亡者(29,752) ・ ・ ・ ・ ・ ・ 感染者(3,984) 死亡者(207) ・ ア)ブルガリア国民,EU加盟国,英国,シェンゲン領域加盟国(サンマリノ,アンドラ,モナコ,バチカンを含む),セルビア,ボスニア・ヘルツェゴビナ及びモンテネグロの国民,並びにブルガリア国民の家族及び実質的にブルガリア国民と共同生活を行っている者,ブルガリアでの永住,定住あるいは長期滞在資格を有する者及びその家族,EU加盟国,英国,シェンゲン領域加盟国(サンマリノ,アンドラ,モナコ,バチカンを含む)の長期滞在資格を有する者及びその家族 イ)職務遂行のために移動の必要のある医療・福祉関係者及びその指導者 ウ)医薬品,医療機器,個人用保護具の供給(それらの設置及び維持管理業務を含む)に携わる労働者 エ)国際的な旅客・貨物運送に従事する交通機関職員,商業旅客機乗務員,船舶乗務員等 オ)職務遂行中の外国政府要人(国家元首,閣僚他)及びその同行者,外交官,国際機関職員,軍人,公安関係機関職員,人道支援関係者,及びその家族 カ)人道的理由により移動する者 キ)次の活動に直接携わる,貿易経済・投資活動の関係者及び他の者で,経済大臣または他の主管大臣による書面による証明を有する者及びその家族; ・ブルガリア共和国の戦略的・基幹インフラの建設・維持・開発・安全確保 ・投資促進法に基づくプロジェクト遂行 ・ブルガリアの経済にとって重要な潜在的投資等に関するプロジェクトの分析 ク)季節労働者及び観光分野における労働者 ケ)国境勤務従事者 ・ ・ ・ 感染者(60,382) 死亡者(367) ・新型コロナウイルスの感染者が確認された国からの渡航者に14日間の自宅隔離を義務付け(2020年3月26日~) 感染者(61,007) 死亡者(9,726) ・ 感染者(3,588) 死亡者(172) ・ ・ 感染者(40,415) 死亡者(1,549) ・ ・ ・ 感染者(33,119) 死亡者(1,412) ・ ・ ・ 感染者(5,311) 死亡者(251) ・ 全ての国境を閉鎖(2020年3月16日~) ・スコピエ国際空港を閉鎖(2020年3月18日~) 感染者(665) 死亡者(9) ・ ・ 感染者(336) 死亡者(24) 感染者(101) 死亡者(4) ・日本を含む危険地域からの入国者に対して,自宅待機を推奨 感染者(14,714) 死亡者(490) ・ ・ 感染者(375) 死亡者(9) ・ ・ 感染者(1,111) 死亡者(30) ・ 感染者(1,803) 死亡者(77) ・ ・ 感染者(83) 死亡者(1) ・ スイスを除くすべての国に対して入国制限を適用(2020年3月25日~) 感染者(4,133) 死亡者(110) ・ 感染者(24,505) 死亡者(1,539) ・ ・ 感染者(613,994) 死亡者(8,605) ・ ・ 【日本でのビザ申請】 ・ ・ 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(2,463,543) 死亡者(126,185) ・ ・ ・ ・ 【日本でのビザ申請】 ・ (ハワイ) ・ 感染者(101) 死亡者(3) ・居住者を含め全ての渡航者は入国不可、出国は可能 感染者(3) 死亡者(0) ・すべての空港を閉鎖(~2020年4月20日) 感染者(26) 死亡者(3) ・ 感染者(76) 死亡者(6) 感染者(8) 死亡者(1) 感染者(4,808) 死亡者(107) ・ ・ 感染者(102,622) 死亡者(8,504) ・ ・ ・ 感染者(23) 死亡者(1) 感染者(2,315) 死亡者(85) ・ 感染者(13,769) 死亡者(547) ・ ・ 感染者(23) 死亡者(0) ・ 感染者(195) 死亡者(1) 感染者(2,277) 死亡者(12) ・ 感染者(1) 死亡者(0) 感染者(665) 死亡者(10) ・ 感染者(77) 死亡者(15) ・ 感染者(2) 死亡者(0) 感染者(15) 死亡者(0) ・ ・ ・ 感染者(29) 死亡者(0) ・ ・ 感染者(19) 死亡者(0) ・ ・ 感染者(14) 死亡者(1) 感染者(117) 死亡者(8) ・ 感染者(18) 死亡者(0) ・ 感染者(29,141) 死亡者(698) ・ 感染者(1,823) 死亡者(64) ・ ・ 感染者(5,211) 死亡者(88) ・ 感染者(104) 死亡者(11) ・ 感染者(97) 死亡者(7) ・入国する全ての渡航者は、政府施設において14日間の義務的隔離 感染者(28,030) 死亡者(547) ・ 感染者(146) 死亡者(9) プエルトリコ 感染者(1,533) 死亡者(149) 感染者(22) 死亡者(2) ・14日以内に中国渡航歴がある方は入国不可(ベリーズ国籍、居住者は対象外) 感染者(12,772) 死亡者(363) ・ 感染者(202,951) 死亡者(25,060) ・ 感染者(11) 死亡者(1) 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(52,444) 死亡者(1,150) ・ 感染者(882) 死亡者(25) ・ 感染者(53,156) 死亡者(4,343) ・ ・ 感染者(205) 死亡者(12) ・ 感染者(80,599) 死亡者(2,654) ・ ・ ・ ・ 感染者(319) 死亡者(8) ・ 感染者(259,064) 死亡者(4,903) ・ 感染者(1,392) 死亡者(13) ・ ・ 英国領フォークランド諸島 感染者(13) 死亡者(0) 感染者(1,233,147) 死亡者(55,054) ・ ・ ・ 感染者 (3,918) 死亡者(33) ・ ・ 感染者(268,602) 死亡者(8,761) ・ ・ 感染者(24,388) 死亡者(773) ・ ・ 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(7,556) 死亡者(104) ・ ・クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船した方は入国不可(オーストラリア国籍と入国前に14日間隔離された方は対象外) ・ ・ ・州および準州は、境界線の閉鎖や追加の検疫要件など、独自の制限を設けていることがあります Australian Capital Territory() New South Wales() Northern Territory() Queensland() South Australia() Tasmania() Victoria() Western Australia() Norfolk Island() Indian Ocean Territories() 感染者(30) 死亡者(2) ・ ・ ・ 感染者(224) 死亡者(5) ・ ・ ・ ・ 感染者(60) 死亡者(0) ・ 全ての非居住者は入域不可(2020年3月19日~) ・ ・ ・ ・ ニウエ ・ ・ 感染者(21) 死亡者(0) ・ ・ 感染者(1,165) 死亡者(22) ・ ・ ・ ・ ・ 感染者(9) 死亡者(0) ・ ・ ・ ・ 感染者(18) 死亡者(0) ・ ・ ・ ・ ・ ・2020年1月6日以降に中国に滞在した方は入国不可 ・. )は入国を禁止する。

次の

スリランカで新型コロナウイルスの初の症例が確認

スリランカ コロナ ウイルス

4月15日から,一部例外を除き,事前又は入国時に隔離場所を含め適切な自主隔離計画を提示できない場合には,公衆衛生庁が提供する施設での隔離を義務付ける。 現在、地域によりますが基本的に外出は禁止です。 スーパー内での人と距離は適度に保つこと• -大統領がクルーズ船乗組員の避難について、インドに感謝 — その他、スリランカ最近のニュース 良いニュースも紹介したいと思い探しましたが、方法が悪いのか、タイミングが悪いのか、あまり見つからず・・ただ、どのニュースサイトにもブッダのお話の記事があるのはスリランカらしいと思いました。 イラン 日本を含む「低リスク国」(下記「高リスク国」以外の各国)からの渡航者に対する検疫措置は以下のとおり。 なお,14日間の隔離期間中に検査を行い,陰性結果が出た場合は隔離を終了することが可能である。 手洗いが最も効果的な予防であることは間違いないようですが、 スリランカでは手で食事をするので、手洗いは徹底されています。

次の

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)

スリランカ コロナ ウイルス

)は,到着時に検査を受けるとともに,検査の結果が出るまでの間,カンボジア政府が指定する場所で待機する必要がある。 日本での入国制限について 4月 28日以降、入国制限対象地域以外の地域を出発し、「経由地であ る入国制限対象地域で入国手続をせず、かつ日本に入国した日の過 去14日以内に入国制限対象地域に滞在歴がない場合」は,PCR 検査の対象とならないと変更されています。 検査結果が陰性の場合は,自身で手配した手段で速やかに滞在先に行き,14日間の強制検疫に入るが,自宅検疫中の指定日に再度喀痰を採取し,それをその日の午前中に指定クリニックに配送しなければならない。 結果が判明するまではホテルもしくは指定される場所での検疫となる。 ウェサック祭りの日から週末にかけて、5月7日(木)〜5月11日(月)午前5時までは全国で外出禁止。 14時までの一時的な外出でしたが、かなり気分転換になりました。 ただし,7月1日から以下22か国との往来が可能となる。

次の

新型コロナウイルス 各国の入国制限に関する一覧(2020年6月26日09:00時点)

スリランカ コロナ ウイルス

昨年4月のテロを乗り越えてきたスリランカですが、残念ながら再び厳しい状況に置かれています。 上記以外の県について、週末は外出禁止にすることを発表。 また,これらの者は,直近14日間に一部欧州地域(6月22日時点で23か国・地域)以外の国に滞在歴がある事実について,かかりつけの医師及び最寄りの公衆衛生局 かかりつけの医師がスロバキアにいない者は,各県の地元の医師 に対して遅滞なく電話又は電子的手段で報告しなければならない。 当Webサイトは、コンテンツの正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。 よって実質的に渡航は不可能です。 【スリランカ全土に外出禁止令延長 】 2020年3月23日14時~再度外出禁止。

次の

スリランカのコロナウイルスの状況について(3月26日時点)

スリランカ コロナ ウイルス

ヨーロッパからの観光客が大きく増えたそうですが、コロナウイルスの影響で 欧州からの旅行が実質禁止となり、激減が予想されます。 4月24日時点 によれば、スリランカでのコロナウイルス感染者数は、4月24日現在で累計414名。 また、 国外へ行っていたスリランカ人(特にヨーロッパ)が戻ってきた際に、 14日の隔離を拒否して逃げたり、 ウイルス検査を拒否、 入国した観光客が体調を申請しないということがありました。 短期のビジネス関係者のうち,低感染リスク国・地域(入国制限の項目を参照。 インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• (注)自主健康管理とは,各自に以下の行動を求めるもの。 そういった人が次々に逮捕されています。 ・シェンゲン域に関連する国(EU加盟国でシェンゲン条約に加盟している国に加え,リヒテンシュタイン,ノルウェー,アイスランド及びスイス) ・ポルトガル語圏諸国とポルトガル間の便(ただし,ブラジルの便については,リオデジャネイロ及びサンパウロ発便のみとする) ・在外ポルトガル人が多く居住する英,米,ベネズエラ,カナダ及び南アフリカ共和国とポルトガル間の便 3月24日から,EU市民,ポルトガル語圏諸国の国民,ポルトガル在留許可を有する市民等を除き,旅行者等の入国を原則禁止する。

次の

スリランカで新型コロナウイルスの初の症例が確認

スリランカ コロナ ウイルス

5月4日(月)午前5時まで外出禁止に。 「水際対策の抜本的強化に関するQ&A」 マスク等の着用義務 航空便を利用する際、空港内の待機場所や航空機内は密閉空間・密集場所・密接場面となりやすいため、 マスク等の着用を各国政府や航空会社により義務付けられていることがありますのでご注意ください。 また,グアム非居住者は,入国日前1週間以内に実施されたPCR検査(鼻咽頭拭い)の陰性証明書でグアム政府が定める要件を満たすものを提示する場合,自身が予約したホテル等での14日間の自主検疫措置が求められる。 24日のコロンボ、ガンパハ、プッタラム、、マンナール、バブニヤ、ムッライッティーヴー、キリノッチ、ジャフナに対する外出禁止令の一時解除は14時まで延長が決定。 6月24日以降,入国の条件は,マレーシア到着前3日以内または到着時のPCR検査結果が陰性であること,入国後14日間の自宅隔離等。

次の