天保 十 二 年 の シェイクスピア 大阪。 大阪に於ける幕末米価変動史

天保十二年のシェイクスピア ネタばれレポ

天保 十 二 年 の シェイクスピア 大阪

いま穏やかな気持ちでこの荒くれた作品の通し稽古を見ています。 1906年。 下では人が死んでるのに (醜いと言われる三世次だけど、歯並びが白くて綺麗で清潔感あるし、歯の見える笑顔が素敵。 901-923• 2020年2月8日(土) - 29日(土) 於・• 様々なシェイクスピア作品のシークエンスを一人で引き受ける忙しい人物。 演じるキャターを愛し、ちょっとしたたたずまいにも、そのキャターが今まで背負ってきた人生を感じさせてしまう俳優、ですから。 1748-1751• 834-848• 2005年9月9日(金) - 10月22日(土) 於・• ジロチョウソウルネバーダイです(何度見てもちょっとおもしろい)(そしてやくざもんだけど大丈夫なのかとか色々思わないこともない) 史実とかでは「そこにタイミング的にいるわけない」とかとも言われていますが…何にしても、そこに自分の知ってるネタがあるの嬉しかったです(笑) 振り返ってみて 舞台の好みとかは当然あると思うのですが、好き/嫌い以前に「こういう芝居を見たことがない」っていう意味でひどく感銘を受けました。

次の

天保

天保 十 二 年 の シェイクスピア 大阪

1293-1299• 最初に出てきた「鰤の十兵衛」という人間は「=鰤、十」からとったであろうことは間違いないわけで。 550年 - 559年。 殺陣:田尻茂一 川原正嗣 前田悟• 974-976• 舞台監督:芳谷研• 特に幕兵衛は前任2人が上手いので大変だと思う。 1673-1681• そんなこんなで見終えた今「なんかすごい経験をしたぞ…」となるお芝居でした。 1169-1171• 985-987• それぞれの姉妹でも全く違っているからこその良さがありました。 残念なのは音楽、古臭く平凡な曲調。 初演では終電が近くなり、途中退場する観客が少なくなかった。

次の

高橋一生の悪の色気に虜にならずにはいられない 舞台『天保十ニ年のシェイクスピア』が放つ“毒”|Real Sound|リアルサウンド 映画部

天保 十 二 年 の シェイクスピア 大阪

885-889• 印象的だったシーンは王次のひたすら「、それが問題だ」という「To Be or Not to Be(原文)」をどのように日本人の訳者たちは訳していったのかを芝居するシーン。 片頬の皮肉な笑いも好き。 8年 (自由民権運動)、(江戸幕府第15代将軍)• とはいえ王次 藤原竜也とか、幕兵衛 勝村政信とかはすっごい良かった。 感想が書ききれませんので、は、各シーンについて感想を書いていきます! crearose. 1845-1848• 登場人物、ストーリー、全部をかけ合わせたものが「」としてには詰め込まれたものです。 でもシェイクスピア全作品がどこに隠されているかの解き明かしは、かなり難しい。

次の

高橋一生「極悪人、楽しいですね」 “絢爛豪華 祝祭音楽劇”『天保十二年のシェイクスピア』がいよいよ開幕へ

天保 十 二 年 の シェイクスピア 大阪

今回は木場さんの上手さが際立っている。 作 -• 舞台監督:三田村晴夫• 高橋一生演じる無宿人、佐渡の三世次は、いつも屋根の上に寝そべるように佇み、自分の言葉一つで踊る人々をニヤニヤと笑いながら見つめている。 848-851• このへんはパンフレットでも「セックスに対しての執拗な執着」って描かれていて「ですよね~~!!」って思わずにはいられませんでした。 舞台全面鏡にしたのは、いのうえ版と同じ。 すごかった。 1017-1021• - 尾瀬の幕兵衛 役• 印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。 跡を継いだお文とお里が欲のままに骨肉の争いを繰り広げている中、醜い顔と身体、歪んだ心を持つの三世次が現れる。

次の

大阪に於ける幕末米価変動史

天保 十 二 年 の シェイクスピア 大阪

所作指導:花柳錦之輔• (「リチャード三世」+「オセロー」+「」+「リチャード二世」と言われている。 なのでかなり比較してしまいます。 吉原に続いて観るのは辛い・・・と足取り重く文化村通りを歩く。 -1184? 1156-1159• 1106-1108• 1214-1219• To be or not to beの翻訳をちゃんと語るのも良い。 責任編集『日本の演劇人 井上ひさし』( )• 彼の傍には、『マクベス』の魔女を思わせる清滝の老婆(梅沢昌代)が、輝かしい未来を保証する予言と警告を持って佇んでいる。 ) とはいえ再観劇するので、また感じ方が変わるかも? 蜷川さんの演出は、普段は結構インパクトある手法を使っていると思ったが、今回は余りそういった面を感じなかった。 の工事。

次の

天保十二年のシェイクスピア ネタばれレポ

天保 十 二 年 の シェイクスピア 大阪

6月15日、渡来した国使節が幕府に「の増進」を勧告 誕生 [ ]• (幕兵衛は勝村さんのが好きかも。 とはいえ今回唯月ふうかさんが素晴らしいので、お光再登場から一気に盛り上がる。 ファイトコレオグラファー:國井正廣• 1104-1106• ゆうがたでお馴染みですね。 思わず噛んでしまった、とかちょっとしたミスが、とかあったかもしれません。 自分自身がにふれる機会がいかに少なかったのか、ということと共に、全力で色々やってみるとまた見える世界というのも異なって見える。 そのためにおとなしい性格の夫が邪魔になり、夫の弟を巧妙に丸めこんで殺させてしまった。

次の