インパール 作戦 牟田 口。 【インパール作戦】「愚将」牟田口廉也 “不適材不適所”を生んだ組織の病とは何か?…今につながる日本陸軍の問題★2

無謀と言われたインパール作戦 戦慄の記録

インパール 作戦 牟田 口

歴史は細部に宿るという。 「不適材不適所」については北京時代はともかく、インパールでは6,7年の野戦部隊長経験があり、マレー、ビルマの対英戦に連勝している。 陸士22期・陸大29期。 河辺正三中将 インパール作戦失敗後はビルマ方面軍司令官は解任されたが、翌年3月には大将に昇進、終戦時は第1総軍司令官だった。 まもなく実際に雨季が近付いたため、作戦実行は時期的に不可能となり、作戦案は自然消滅となったが、小畑参謀長の消極意見は牟田口の強い怒りを買った。 塹壕構築のための資材は満足に支給される筈も無く、ありあわせの道具や素手で各自が掘った塹壕では、の設備など望むべくもなかったからである。 これらの建設には毎月26000トンの資材と43000人の人員を必要とした。

次の

牟田口廉也

インパール 作戦 牟田 口

このとき、戦況の悪化、補給の途絶にともなって長中将が命令を無視して無断撤退するという事件を引き起こした。 宛先はであり、恭二陸軍次官であり、あるいは陸軍省のやり手将校であった。 しかし、牟田口は伊藤を抗命罪で罷免し、伊藤がシッタンの軍司令部で牟田口に申告を行った際、罵声と共に杖で3回強打した。 馬さんは「大うそ。 - 漫画家・の姉。

次の

牟田口「日本人は草食である。戦場にはいくらでも草が生えている」 [485245446] [sc]

インパール 作戦 牟田 口

第18師団長時代、師団の池田後方主任参謀は牟田口について「中将は後方が無理解で、無理難題を幾度も押し付けられて泣かされたことがある」と述懐したことがある。 7月1日、「弓」撤退開始。 牟田口廉也ら師団主力は東海岸への敵前上陸作戦も計画されたものの、1月22日、すでに第25軍がに進出した頃、前線からおよそ1,000km後方のシンゴラに上陸、1月29日にクルアンに到着した。 小隊長として1941年5月の中原会戦に 参加した鄭維邦さんは、日本軍の突撃精神には「敬服せざるをえない」と述べた。 2019年6月9日閲覧。

次の

牟田口廉也

インパール 作戦 牟田 口

その内容はの増強と東南アジアでの新たな攻勢計画の立案の提示が主であり、英統合計画幕僚委員会は「中間戦略」と称してこの具体化を進めようとした。 韓国陸軍〜創成期の陸軍参謀総長(第1〜10代)は、全て帝國陸軍士官学校か、その教育方法を受け継ぐ滿洲國陸軍軍官学校出身者。 57 ID:9EeQCkdf0. 次いで、に参加。 長州閥の強い陸軍内で佐賀出身。 ビルマで攻勢を実施する利点としては、で航空基地を作戦させていた関係上、政治的には魅力のあるものと映り、ルーズベルト大統領の側近には、の際にこの話を蒸し返す者が居たが、そのための兵力を調達しなければならないのはであったので、欧州反攻を重視していたイギリスは反対していた。 はもともと食なのである。 には魂があるということを忘れちゃいかん。

次の

「愚将」牟田口廉也 “不適材不適所”を生んだ組織の病とは何か?

インパール 作戦 牟田 口

(一部部隊が作戦支援) インド国民軍• 」(第31師団 衛生隊 元上等兵 望月耕一さん(94)) 作戦中止後、牟田口司令官は、その任を解かれ、帰国した。 また、記録によれば、牟田口中将もディマプル攻略を強く要請したわけではなく、作戦開始前に佐藤中将に一度示唆し、作戦中に上官の河辺中将に一度、要請しただけであった。 以上の様に、牟田口に関しては司令官としての資質を疑問視する声が強い。 撤退中はさらに悲惨な状況となり、第31師団の兵士は補給地点が村にあると信じて、急峻な山道を選択したが、ここでに捕食されたり、弱った状態で倒れた者がに襲われたりして、動物によるを受けた (歩いている間は襲われないが倒れたらすぐに群がってきた)。 しかし、河辺ビルマ方面軍司令の最終判断は我らが決断するの言葉でこれ以上の論議が遮られました。

次の

無謀と言われたインパール作戦 戦慄の記録

インパール 作戦 牟田 口

日本と満足に戦わなかった韓国と共産中国は、どこか惹かれ合うに違いない。 日本艦隊の動静分析については例えば2月24日、戦艦7、空母2、巡洋艦8、駆逐艦18の大部隊がシンガポールに向かっているという報告で混乱したことがある。 36 ID:piiVHuBl0. 知名度の高い軍人の一人である牟田口の初の評伝としては大変意義がある。 二・二六事件に関与した皇道派の人物の一人で、軍法会議で首謀者の一人とされ死刑となる。 P.N.レキ最高裁弁護士「太陽の光がこの地上を照すかぎり、月の光がこの大地を潤すかぎり、夜空に星が輝くかぎり、インド国民は日本国民への恩は決して忘れない」 S.S.ヤダバ元INA大尉(INA全国在郷軍人会代表)「われわれINA将兵は、インドを解放するために共に戦った戦友として、戦場に散華した日本帝国陸軍将兵に対して もっとも深甚なる敬意を表わします。

次の