モスラ の 歌 歌詞。 モスラの歌 (ザ・ピーナッツ・レコード随想)

『モスラの歌』の歌詞、NHKが映したのはインドネシア語に似せたカタカナ日本語&プチジョグ: テンメイのRUN&BIKE

モスラ の 歌 歌詞

それに対して、 たぶん正しいインドネシア語の歌詞だと、 Google翻訳訳せる。 そういうものなのだろう。 やなせたかしさんは、なんで受けたのかわからないと言っているが、古関裕而さん も同じように驚いているかもしれない。 古関が1961年に書いた「モスラの歌」は、1990年代になってもモスラが登 場する何本もの怪獣映画を介して新しい世代へと受け継がれている。 「モスラ4・ゴジラ・モスラ・キングギドラ/大怪獣総攻撃」は現在放映中。 その曲の中にこそすばらしい傑作があってほしいと思うのは、私だけではないはずである。 世界一幸せな人達だなと感じた。

次の

雑学:モスラの歌

モスラ の 歌 歌詞

だからどこの国の言葉でもないオリジナルの歌詞である。 その下方で踊る大勢の島民。 実際に古関裕而さんから直伝とも言うべき歌唱指導を受けたのはザ・ピーナッツ だけなのであり、あの熱唱スタイルと、あの情熱的なアレンジだからこそ妙味が あるのであって、他のグループや新たなアレンジでは魅力が薄まってしまうのだ。 南北の土俗音楽文化を一曲内に 採り込み、西欧音楽のフォームに真っ向からの反定立を提示する音楽構造で書かれて いるからこそ、ここまで感情を揺り動かされるのだろう。 1)11分08秒 142 148 2 11分12秒 141 150 復路(3. 作曲はあの三木たかしさん。

次の

モスラの歌の和訳をください

モスラ の 歌 歌詞

(原案ではない) この原詞の最初の部分を使い、更に歌いやすくするためにカタカナ表記したのが 最終決定稿なので、インドネシアの人が聴いても発音の面や地方語の古語なので ほとんど意味が判らないかも知れない。 「モスラの歌」は「モスラ対ゴジラ」でも歌われますが、こちらはアカペラだけです。 この為、ペア・のみ「モスラの歌」を歌っていない事になる。 。 「 Kesaktian」はインドネシア語として英訳すると「supernatural powers」(超自然的な力の数々)。 まるでカーテンコールのように正面から画面 に登場し、鑑賞者に向かって歌と踊りを披露する小美人。 超一流の人々が大まじめに作りあげたこの映画は、女性の好みにも合い、大ヒットしないわけがなかった。

次の

コスモス モスラの歌 歌詞

モスラ の 歌 歌詞

一映画の劇中歌、単なる流行歌に終わらなかった。 伊藤久男の歌った「イヨマンテ」や、織井茂子の「黒百合」はいずれも大ヒット曲となった。 知らんかった。 脚に疲れが蓄積して来たから、わざとゆっくり走った。 歌詞自体は裏設定なので余り意味を追い求めても しょうがない面もあるが、参考までに紹介しておきたい。 それ以外ではされている。 この歌は当時のアイドル、ザ・ピーナッツが歌って大ヒットし、今なお歌われ続けている。

次の

「モスラの歌」と古関裕而

モスラ の 歌 歌詞

その カタカナの歌詞をそのまま、ローマ字みたいにアルファベットで表した偽の歌詞が英語圏に流れてしまってるから、ますます事態が混乱してる。 国立音楽大学声楽科卒業という変わり種。 名前の由来は、蛾を意味する「moth」と母を意味する「mother」を掛け合わせたもので、「蛾の怪獣」という意味と「母性的な怪獣」という意味を持っています。 (なお、大まかな意味は「よ、く来てください。 私はリミックスものは全面否定という人間ですが、これはとても面白いのです。 そこで 渡辺プロダクション社長の 渡邊晋の目に留まり、スカウトされ上京し、 宮川泰に歌のレッスンを受けてデビューしました。

次の

モスラの歌

モスラ の 歌 歌詞

そして妖精に扮するザ・ピーナッツが「モスラ」を歌って子供たちや若者の人気を博したのは、まさに古関さんの音楽の大衆性とその質の高さ、子供たちに対するきめ細やかな愛情があるからではないだろうか。 島全体で歓喜の歌を 発するかのような締めくくりとなつている。 懐かしの名曲『モスラの歌』の歌詞の意味 これは11年前に書いて、2年前にコメント欄のやり取りで補足&修正したものだ。 微妙に異なるマレー語として英訳すると、「with」(~で)。 この原案を当時、インドネシアから東京大学に留学してた学生にインドネシアの 地方語に翻訳してもらったのが上の資料である。 小さな花環のようなものを毎日こしらえているのだ。 それらが音楽を通して表現されるとき、人生の真実がまことに説得力を持って我々に迫ってくるものである。

次の

モスラの歌

モスラ の 歌 歌詞

ザ・ピーナッツの衣装は隠し過ぎと思う。 モスラの歌 歌詞はインドネシア語😳 創作言語じゃなかったんだ。 事実CD化された舞台音楽の、那智わたるの歌った「スカーレット・オハラ」や「終着駅」、高田作造の歌った「超行徳の歌」などを聞くだけで、古関さんの卓越した創作力を目(耳?)の当たりにすることができる。 とにかく、NHKが流した映像の歌詞は、インドネシア語の歌詞そのものではなく、発音を似せたカタカナの日本語なのだ。 モスラの歌とは、である。

次の