アナウンサー。 日本のアナウンサー

NHKのアナウンサー一覧

アナウンサー

(1926年入局)• (たかぎ・やすひろ)アナウンス専任部長 男性 [ ]• 「女子アナ30歳定年(限界)説」はこういった事象を背景にしており、女子アナウンサー本人がこれに言及しているケースもある。 (かわしま・こういち)CA• (1951年入局 のちに局契約)• (1977年入局)• (1931年入局)• 1992年入局• (1993年入局)• (1972年入局)• (1967年入局)• (いわさき・かほ) 津放送局放送部 [ ]• 地方局を中心に複数の放送局に在籍している(していた)局のアナウンサーは多く存在している。 (やち・けんご) CA• (しみず・たかあき)• リングアナウンサー [ ] プロレス、ボクシングなどの格闘技において選手コール、進行業務などをするアナウンサー。 (みやざき・けいた)• (しまだ・りお)男性 四国 [ ] 松山放送局放送部 [ ] 統括責任者 [ ]• (1936年入局)• 1977年入局• (1934年入局)• 旧名・ 巽 京子〈たつみ きょうこ〉)• (さわだ・たくみ)• 隣の新潟では、2009年8月の時点で6人いるアナウンサーの半分が地元新潟県出身者だった(後に転勤で1人出て2人に)。 (なかむら・かつひろ、1974年入局)• (1934年入局)• を兼ねたり、作業の一部を担当(やでは人員的制約によりこの傾向が強い)などの地味な作業もある。 (1934年入局)• (たなか・たかひろ)CA• 放送局やアナウンサー自身のやの管理。

次の

NHKのアナウンサー一覧

アナウンサー

(しゅどう・なちこ) 高知放送局放送部 [ ]• (1960年入局)• (たかはし・みすず)副部長• (にのみや・なおき)• (きたの・たかひろ)• (1981年入局)• (1998年入局)• (1973年入局)• (1938年入局)• (1934年入局)• (ごとう・ただし)CA• (いずみ・こうじ)CA• 女性の場合「ウグイス嬢」の俗称が、男性の場合は「スタジアムDJ」と称される場合がある。 (旧姓・上野、入局年不詳)• (つだ・よしあき)• (1931年入局)• (やまぐち・たつや)• 日本放送協会 『20世紀放送史』 日本放送協会、2001年、。 また、1つの放送局の在籍期間は放送局を移籍した2局目か2局目以降に在籍した期間が最初に在籍した放送局よりも長いと言うケースも多い。 番組のや。 (1954年入局)• (いだ・かなこ)• 明確に一定期間他局に出演しないと古巣局と取り決めを持つ場合もある。 (にしかわ・じゅんいち)• (1961年4月 - 1997年)• (ささき・ともかず)• (1937年入局)• 要は局アナは「会社員」(NHKのみ「団体職員」)であり、その権利と同時に組織の一員としての義務を負い、局の方針に反することはできない。 (たかはし・こうすけ)• (はせがわ・ふみよし)• 様々な雇用関係 [ ] 放送局の正社員・契約社員として所属している者のほか、・からのも存在する。

次の

日本のアナウンサー

アナウンサー

(おおかわ・ゆうすけ) 女性 [ ]• 民放の放送局における現役アナウンサーは、かつては性別に分けると男性の方が女性より多いという局が比較的多かったが、2018年現在は性別に分けると一つ目は男性も女性も人数が同数という局、二つ目は女性の方が男性より多いという局が増加傾向にある。 (ふくい・しんじ)嘱託• 女性 [ ]• (1970年入局)• 局アナウンサーは「社員」なので、基本的に局内に机もあり、仮眠室・食堂・ネットワーク・保険など社内の施設・福利厚生を利用できる。 (ますだ・すぐる)• (むらかみ・のぶお、1977年入局)• (そのだ・りょうと) 関東・甲信越 [ ] NHK放送センター(東京)については「」を参照 長野放送局放送部 [ ]• (みやもと・りゅうじ、1973年入局)• (みやた・たかゆき)• (1929年入局)• (しまむら・としはる、1964年入局)• (1957年入局)• (1932年入局)• (1957年入局)• (のむら・まさお)• 現在は特に女性アナウンサーを契約職採用中心に切り替えたため、こうした制限はなくなった。 1933年入局)• (ひろせ・ゆうた)• (1944年入局)• (1945年入局 のちフリージャーナリスト)• 日本は欧米ほどの認識は醸成されておらず、放送で原稿を読む者を単に「アナウンサー」称している。 (いいお・かほ) 佐賀放送局放送部 [ ]• (しばた・ひろまさ)• (うちやま・としや)CA• NHKには1994年にが入局し看板アナウンサーとなった。

次の

NHKのアナウンサー一覧

アナウンサー

(1950年 - 1982年)• (1934年入局)• 有賀さつきは、出演者の瞬間的なリアクションに、自分を含めた番組製作者らはにはない魅力を共有しており、自分もの役割をある程度進んで引き受けていたことや、社会的常識があるはずの局アナのイメージを逆手に取った、の一面があったことを明かしている。 (いはら・ようすけ)• (1936年入局)• 地方局の一部ではアナウンサーの肩書きを残したままで報道記者兼任という場合もある。 6-2007. また、日本語センターには第一線を退いた専属アナウンサーがおり、アナウンス講座の講師や東京アナウンス室の業務補完(ラジオニュースその他)などに従事している。 共同通信社 『アナウンサーのすべて[女性編]』 共同通信社、1998年、。 (ひろせ・くみこ、1963年入局)• (入局年不詳)• 有名になるに連れてだんだんとアルバイトでの収入も増え、所属局から貰う給料の倍以上の額を稼ぐ程になることもあるという。 (あかまつ・しゅんり)• しかし、これを良しとしない意見もあり、視聴者・聴取者(リスナー)の好みによる所が大きい。

次の

NHKのアナウンサー一覧

アナウンサー

(こみやま・ようこ、1972年入局) - 参議院議員、衆議院議員(4期)、厚生労働大臣(3回)、少子化対策担当大臣(2回) その他の退局したアナウンサー [ ] 男性 [ ] あ行• 朝日放送(現・)は2018年4月1日よりラジオ部門・テレビ部門を子会社に分割承継し、放送免許は「」と「」に分離(コールサインをラテ別々化)。 (おばら・しげる)(制作局)• (1960年入局)• これを「資質低下」として批判する意見と、番組の盛り上げ役を果たしているとして擁護する意見が存在する。 (さかもと・そう) 高松放送局放送部 [ ]• アサ芸ビズ(2019年6月24日作成). キャリアを重ねてになると「チーフアナウンサー」や「エグゼクティブアナウンサー」の肩書きを持つケースが多い(主にNHK)。 (1986年 - 2016年)• 勤務地が大きく変わることはないが、別の分野を担当させられる。 (1946年入局)• 正職員アナウンサーが嘱託となって継続雇用される場合でも、同様のケースが多い。 (や、スポンサー名読み、番組宣伝など)。

次の

日本のアナウンサー

アナウンサー

ただし、専属契約となる形でのフリーだけではなく、在京キー局や在阪準キー局への移籍というパターンもある。 (まつむら・まさよ)• (1945年入局) は行• (1955年入局)• 有賀さつき 『さつき白書』 浪漫新社、1994年、。 (よこばやし・よしずみ)CA• 番組出演の前打ち合わせと準備(や合わせ、原稿の下読みなど)および反省会。 (まつだいら・さだとも、1969年入局)• 辛坊はこの事実を知りフジテレビに入社せず、に入社した。 (1944年入局)• 採用試験(試験を含む)では正しい日本語が話せるか、好印象を与える雰囲気・容姿を持つか、とっさの機転が利くかなどが重視される。

次の