おれ の えろ ほん。 原作にも映画にも、たっぷりと興奮させられたぜ:情熱の本箱(170)

#2 これがおれのほんかだ!

おれ の えろ ほん

あたしたちはキスをして、たとえなにが起ころうと、いつまでも失わないように封をした。 マナちゃん ヤーンボウルは ハマナカしょうてんで かってくれたんにゃって。 あくびをひとつし、俺も一眠りするかと横になり国広の背中をポンポンしながら一緒に眠った。 「なにをしているのかな、国広。 おまたせしました。

次の

KYOTOほんしゃ あみだおれぽ♪ その3

おれ の えろ ほん

俺の本歌山姥切長義は大抵、縁側でお茶を飲みながら日向ぼっこをしている。 そこには綺麗な天色の瞳とキラキラと光る銀色の髪があった。 おれは次の日書庫に行き、花言葉がのっているような本を探す。 おれが泣き止んだ後、本歌はおれに白い椿の花をくれた。 「………ねた…かな?」 国広はなにがしたかったんだろうと疑問に思うが、まぁかわいいからいいかと眠る国広の頭を優しく撫でる。 目を覚ますと目の前に本歌の綺麗な顔があった。

次の

原作にも映画にも、たっぷりと興奮させられたぜ:情熱の本箱(170)

おれ の えろ ほん

Tagged in: タグ: , , , , , ,. 偶然にも花言葉の本はおれの背丈ぐらいのところにあったのでそれをとって探す。 「手をきれいにしなくてはね。 うーんとほんかがくれた白いつばきは………」 ボフッ 読んで意味を理解すると、そんなような音が書庫に響いた気がした。 おれは本歌の写しとして、本歌をがっかりさせたくないと思ったから、本歌にがまんできるといった。 「木立の奥で、おれは車をとめた。

次の

原作にも映画にも、たっぷりと興奮させられたぜ:情熱の本箱(170)

おれ の えろ ほん

本歌の写しとして胸を張れるような行動をしようと。 「優だよ、よく我慢ができたね。 おれは嬉しくて嬉しくてたまらなくなった。 あみだおれぽの つづきにゃん。 少し恥ずかしくて下を向いたが、本歌がどんな表情をしているか気になって仰ぎ見るとおれのことをじっと見つめた後、ふにゃっと花がほころぶような表情をしていた。 男をそんな気持にさせる女はざらにはいないもんだ」。 本歌の匂い、好きだ」 とおれが言うとそうかと本歌はいい、おれを抱き上げ膝に乗せてぎゅっと抱きしめてくれる。

次の

KYOTOほんしゃ あみだおれぽ♪ その3

おれ の えろ ほん

でもおれがあまりにもずっと泣いているものだから本歌はため息をついた。 座布団を頭の下に敷き、風邪をひくといけないから俺のマントをかける。 ユウくん ヤーンボウルは とうせん。 「あいつを愛していた、本当だ、あいつのためなら死ぬのもいとわなかったろう」。 「しろいつばきの花言葉はさいこうの愛らしさ、誇り………」 「ほんかが誇ってくれるような写しにおれはなれるのかな?」 少し不安だけど頑張ろうとおれは思った。 少し痛かったががまんできたおれは本歌の写しとして恥ずかしくないだろうか?と本歌を見上げ言葉を待つ。 こんな大騒ぎの真最中に、鼻をクンクンさせるのもどうかと思うが、いつもおれの血を騒がせるあいつの匂いを嗅いだ」。

次の

KYOTOほんしゃ あみだおれぽ♪ その3

おれ の えろ ほん

そんなあいつが、おれの好みにぴったりだった。 本歌は椿の生垣を振り返って見る。 「あの女がたまらなく欲しくて、食いものさえ胃におさめておけなかったのだ」。 だが、愛ってやつは、恐怖がまじると愛じゃなくなってしまう。 「お前はいたずら好きだね」 と本歌は笑う。 本歌は泣き止んだねとふっと笑った。

次の

KYOTOほんしゃ あみだおれぽ♪ その3

おれ の えろ ほん

あいつだけが欲しかった。 そんないつもは縁側にいるような本歌がこの前は、お屋敷の庭の隅の椿の生垣のところにいて驚いた。 「えーっと、つばき…つばき……あった!」 椿の項を見つけ、読むと 「あかいつばきは、ひかえめなすばらしさ、つつしみぶかいっと。 そんなおれに本歌は呆れたようにふぅと息を吐き、おれの背中を撫でる。 ずっと泣いているおれに 「そんな泣いていると目が溶けてしまうよ」 といいながら頭を撫でてくれたが、痛いものは痛い。 「ぴゃっっ」 目を開けたら、本歌の目も開いてて思わず変な声が出てしまった。 たくさん きてくれて ありがとにゃん💕 つぎの かんさい あみだおれは まだ きまってないけど きまったら おしらせするにゃね。

次の

#2 これがおれのほんかだ!

おれ の えろ ほん

これは、飽くまで少数意見かもしれないけどな。 しばらくすると本歌はおれを地面に下ろし、しゃがむ。 おれたちは、たっぷりやった」。 俺がその店を気に入ったのは、コーラという名の若いセクシーな女房がいたからだ。 やがて邪魔になった亭主を殺してしまおうと俺たちは完全犯罪を企てる。 にゃーん。

次の