川崎 市 差別 の ない 人権 尊重 の まちづくり 条例。 「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」を12月議会に提出(川崎市)

川崎市、ヘイトスピーチ禁止条例可決 罰金最高50万円:朝日新聞デジタル

川崎 市 差別 の ない 人権 尊重 の まちづくり 条例

川崎市は1日、あらゆる差別の根絶を掲げ、ヘイトスピーチに刑事罰を科すことを盛り込んだ「市差別のない人権尊重のまちづくり条例」の運用を担う新たな部署を設置した。 この構成要件があいまいなままでは「実効性」は担保できない。 公共の場で市長の勧告、命令に従わずにヘイトスピーチを繰り返した人物・団体に最高50万円の罰金刑を科すほか、市が人権侵害の被害者を支援し、インターネット上のヘイトスピーチの拡散防止措置を行うことも定めた。 ずっと取り組んでおられる方から見ると、不十分なものかも知れませんが、私はヘイト関連は知見が浅い為、「考え方」と「実効性を上げる為の方策」に絞って考えました。 条例では、 国または地域を特定し、その出身であることを理由とした以下のような言動が差別的言動、いわゆるヘイトスピーチとされている。

次の

「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」を12月議会に提出(川崎市)

川崎 市 差別 の ない 人権 尊重 の まちづくり 条例

。 12月12日、川崎市議会において「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」の議案が全会一致で可決されました。 イ 委員の任期は2年とし、再任可とする。 チョンソンも無事に条例が制定されるように、熱い応援メッセージをしたためるつもりです。 「ヘイトスピーチ解消法」第4条第2項には、「地方公共団体は、・・・、当該地域の実情に応じた施策を講じるよう務めるものとする」定められている。 差別を受けた当事者のみなさんをはじめ、広範な市民や各政党・会派も超党派で反対の声を上げるなど、世論の広がりを受けて2016年5月に「ヘイトスピーチ解消法」が成立しました。 次に、既存法令との関係についてでございますが、この条例が規制する行為につきましては、刑法上の脅迫罪や名誉毀損罪などの適用が想定されるところでございますが、同法の適用要件などを考慮し、条例に罰則規定を設けることとしたところでございます。

次の

[B! law] 川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例

川崎 市 差別 の ない 人権 尊重 の まちづくり 条例

そこでぜひパブリックコメントを寄せて、川崎市の取り組みを応援しませんか? 電話は NG でメールか郵送、もしくはファックスか直接持参する必要があります。 (7)情報の収集及び調査研究 市は、不当な差別を解消するための施策その他の人権に関する施策を効果的に実施するため、必要な情報の収集及び調査研究を行う。 詳細は、添付の資料を御覧ください。 「勧告・命令」のいずれも、有効期間は6カ月間に限定し、公権力の濫用防止に繋げることにした。 資料の概要は次のとおりです。

次の

●<ブックレット>川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例「差別根絶条例」を全国へ広げよう! ブックレット 市民セクター政策機構

川崎 市 差別 の ない 人権 尊重 の まちづくり 条例

イ 本邦外出身者に対する不当な差別的言動…「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」(以下「ヘイトスピーチ解消法」という。 違反の事実の調査はだれがするのか。 ただ、インターネット上の書き込みや動画によるヘイト行為については、表現の自由との兼ね合いから罰則の対象を絞り込んだ結果、対象外となり、今後の課題として残された。 以下同じ。 (資料1ページ) 「(仮称)川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」(素案)について 1 条例制定の背景 2 川崎市人権施策推進協議会からの提言について 3 条例制定について (資料2~3ページ) 「(仮称)川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」(素案)の内容 1 前文 2 総則 3 不当な差別のない人権尊重のまちづくりの推進 4 本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進 5 その他(雑則、罰則、施行期日等) (資料3ページ) 今後のスケジュール *「(仮称)川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」(素案)についてのパブリックコメント手続は令和元年7月8日(月)から8月9日(金)までの期間に実施します。 市は、条例の拡大解釈を防ぐためのガイドラインを今年度中に作成する方針で、来年7月に全面施行の予定です。 条例に基づく人権施策推進基本計画の策定を諮問する「市人権尊重のまちづくり推進協議会」と、差別防止対策等審査会のメンバーも同日までに決定。

次の

ヘイト条例運用部署新設 全面施行へ本腰 川崎市(カナロコ by 神奈川新聞)

川崎 市 差別 の ない 人権 尊重 の まちづくり 条例

しかし、例えば障がい者やLGBTの方々に対して、「日本から出ていけ」などの言動が、拡声器やプラカードで行われたとしても「言動」であって「取扱い」ではないから、ここの禁止規定からは除外されるということか。 ネット上の差別書き込みを含む人権侵害の相談を受け、必要な支援を行うことも義務付けており、関係部署や地方法務局、人権団体などと連携し、被害者の救済を図っていく。 憲法が保障する表現の自由に配慮した。 行政刑罰の判断も検察・警察の2重チェックができ、表現の自由への配慮ができる。 川崎市の条例では、「不当な差別的言動」として、以下の3つの類型を示した。 その直後に川崎市内でヘイトデモを繰り返し主催してきた男性が主催したデモへの公園の使用許可申請に対し、市議会は全会一致で使用を許可しないように市長に求める申し入れを行い、それを受けて都市公園条例に基づき公園使用不許可を市長が決断しました。

次の

「日本人差別」をめぐる攻防も。川崎でヘイト禁止条例が成立、その中身は?

川崎 市 差別 の ない 人権 尊重 の まちづくり 条例

「差別禁止条例」「差別根絶条例」とも呼ぶ報道機関があるのはそのためだ。 というものでした。 この条例は、そもそもヘイトスピーチに対し実効性のある条例をということで作られたものですから、「本邦外出身者以外の市民(つまり日本人)に対しても、不当な差別的言動による著しい人権侵害が認められる場合には、必要な施策、措置を検討する」という付帯決議はそれにあたる立法事実はなく、付ける必要がないと判断したことがその理由です。 これを読んだ中には「えっ? お金払って終わり?」と思う人がいるかもしれませんが、今までにはなかった刑事罰が盛り込まれたことは、とても大きな一歩。 「室内」は入るのか。 は「本邦外出身者」を対象にしているようだが、では「本邦出身者」(日本および日本人)に対する「ヘイトスピーチ」は容認するのか• 川崎市は、日本国憲法及び人権に関する諸条約の理念を踏まえ、あらゆる不当な差別の解消に向けて、一人ひとりの人間の尊厳を最優先する人権施策を、平等と多様性を尊重し、着実に実施してきた。

次の