そう しそう あい pixiv。 [B! あとで読む] そうしそうあい

#mfsr そうしそうあい

そう しそう あい pixiv

同世代といっても志麻と坂田の方がデビューしたのはずっと後である。 「志麻さん入ります」 「よろしくお願いします」 挨拶をすれば100倍で返ってきたのではないかというほど大きな挨拶が聞こえる。 撮影頑張ってくださいね」 「へ?あぁ、ありがとうございました」 メイク担当のスタッフに声をかけられ席を立つ。 期待に応えないといけないのは分かっているがこればかりは仕方がない。 「次の衣装着替えに行きましょう?」 「あ、はい」 「可愛いとか成人男性に求めるんどうかと思うんよねぇ。 俺は名前呼んでもらえたしええわ。 じわじわと集まる熱をかき消すように頷く。

次の

#1 そうしそうあいっ!

そう しそう あい pixiv

というか可愛いってなんやねん。 「今日は動物の赤ちゃんにもお越しいただいてます。 それから、「セリフだけ見ると辛辣だな」と感じたコマはキャラクターをコミカルに仕上げるようにしています。 懲りずにドンドンとドアを叩かれて仕方なく開ければ勝手に部屋の中に入っていった。 こう見えて志麻と坂田は2人で1組のアイドルユニットである。 舐められる分に関しては我慢ができるが髪を引っ張られたりするのは痛い。

次の

#1 そうしそうあいっ!

そう しそう あい pixiv

「せんらさんが!出るねん!何やってくれとんじゃ!」 「ぁ、あ…うらさん…」 「仕事の時間ですし。 マイクをスタッフの人から貰って息を整える。 うらさんきょとんとした顔をした。 「雑誌の撮影終わったら今日はなんにも無いんですから頑張ってくださいよ」 「そうゆう問題とちゃうねん!」 運転中のマネージャーに手を出すのは流石に危なすぎるから噛み付くように反論して睨みつける。 あいつから言い出したことなのに」 「そらっさん頑張ってたね」 「…おれはそれをまふの口からききたかったよ。 以上を理解した上でお進み下さい。

次の

#1 そうしそうあいっ!

そう しそう あい pixiv

いわゆる国民的アイドルなのだ。 志麻も坂田も横目で見て興味が無い振りをしながらも神経はそちらに研ぎ澄ましていた。 ようやく解放された時にはボロボロになっていた。 注文した料理を食べながら会話を進める。 [newpage] 「今日のスペシャルゲストはこの方です。

次の

#mfsr そうしそうあい

そう しそう あい pixiv

すると、ザワっと空気が変わった。 ヤンキー男子と黒髪真面目女子のかわいすぎる両思いデイズ、最新刊ついに発売! 『そうしそうあい』(著:りべるむ)は無料WEBマンガサイト『ジーンピクシブ』()で連載中の学園ラブコメディ作品。 勝手に予約しちゃったけどいいか?個室だしゆっくり話せると思って」 「何から何までありがとう。 相変わらず辛辣なんだから!そんなまーしぃも好きだぞ!!」 「うっざ」 表向きは坂田が明るく元気に、志麻がクールに落ち着いているという【対】をイメージしながら活動している。 長すぎず、わかりやすい言葉って結構ないものなんだなと感じますね。

次の

#1 そうしそうあいっ!

そう しそう あい pixiv

センラは音楽番組のときに志麻くんとあんまり話せなかったって落ち込んでたけどこの前の雑誌の撮影の後家に押しかけてきてテンションがおかしかったからいいことがあったのは察した。 早く着替えてください、本番はリハーサル通りお願いしますね」 「お前さては人間ちゃうな!血も涙もない!!!」 「僕がマネージャーについてから何回このやり取りしたでしょうねぇ?もう慣れました」 しくしく泣き崩れている人に駆け寄り背中を甲斐甲斐しく擦りながら睨まれたところで怖くはない。 こんな手ぼろぼろになるまで必死につくっててほんとばかみたい」 「そっか」 うつむいてしまったおれの頭を軽くぽんぽんとなでてくるインフォ ほんとにこいつは優しいやつだ あぁまた泣いてしまいそう 視界がだんだん滲んで涙がこぼれ落ち そうになった時 目の前のこいつはぼそりとつぶやいた 「…だ、そうですよ。 もちろんうらさんと別れた後にまーしぃの家に押しかけて話を聞いてもらうつもりだ。 ほっと息を吐けばクスッと笑う声が聞こえる。

次の